『 2021 MAMA 』イ・ヒョリがMAMA史上初の女性ホストに決定、12月11日18時より世界中で生中継!


12月11日に開催されるK-POP音楽授賞式の「2021 MAMA (2021 Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)」。同授賞式のホストをMAMA史上初の女性ホストとしてイ・ヒョリが務める。

MAMAのホストは、アーティストとグローバル音楽ファンをつなぐメッセンジャーであり、MAMAのメッセージや価値を伝えるストーリーテラー。
これまでソン・ジュンギ、イ・スンギ、ソン・スンホン、PSY、イ・ビョンホン、パク・ボゴム、チョン・ヘインなど時代を代表する俳優やアーティストたちがMAMAのホストとして、グローバルファンとともに歩んできた。

2021年、MAMAのホストを務めるイ・ヒョリは、この20年間、K-POPの歴史をともにしてきた代表的なミュージシャンで、イ・ヒョリ自体がK-POPの過去と現在、そして未来を全て盛り込んでいると言えるほど、時間を越えた強力な影響力を誇っている。

また、主体的に自分だけの叙事を生み出し、偏見を破る音楽トレンドを開拓したアーティストとして評価され、後輩ミュージシャンには憧れのロールモデルとして、音楽ファンには永遠のスターとして愛されている。

Mnetは「『2021MAMA』は“MAKE SOME NOISE”をコンセプトに、異なる価値を尊重し、偏見を破る新しさでさらにアップグレードした強力な音楽の力を世の中に伝える計画」とし「イ・ヒョリは今年、MAMAが追求する価値と結びついている唯一無二の人物だと考えて、ホストに依頼した」とイ・ヒョリをホストに起用した理由を明らかにした。

また、MAMAを統括するCJ ENM 音楽コンテンツ本部長のキム・ヒョンスは「2021 MAMAではアーティストとファンがお互いの声で交感し、異なる数百万のファンがどこでもK-POPでひとつになる驚きの経験を感じることができる、私たちに最も必要な音楽はまさにグローバルなファンの歓声なので、MAMAを通じて積極的に声を出してほしい」とコメント。

「2021 MAMA」では、グローバル音楽授賞式としての影響力をさらに強固なものとするため、審査基準にグローバル指標を追加導入することが決定。
昨年まではガオンチャート、Twitter、YouTubeのデータを集計していたが、今年からは世界167の国と地域でサービスを提供しているグローバル音源プラットフォーム「Apple Music」のストリーミングデータも追加し、グローバルK-POPファンの趣向とトレンドを審査に反映する。

「2021 MAMA」は12月11日18時から世界中に生中継される予定だ。

MAMA歴代のMAMAホスト一覧

2021 イ・ヒョリ
2020 ソン·ジュンギ
2019 パク·ボゴム
2018 チョン·ヘイン パク·ボゴム ソン·ジュンギ
2017 パク·ボゴム ソン·ジュンギ
2016 イ·ビョンホン
2015 サイ
2014 ソン·スンホン
2013 イ·スンギ
2012 ソン·ジュンギ




ページ上部へ戻る