少女時代ユナ&イ・ヒョリ、カラオケ店からのインスタライブ放送を謝罪

イ・ヒョリとユナ

写真:イ・ヒョリのinstagram

少女時代ユナとイ・ヒョリがカラオケ店訪問について謝罪した。

2日、ユナは自身のInstagramに直筆の手紙を掲載し、謝罪の意を伝えた。

ユナの直筆の手紙

写真:ユナのinstagram

ユナは

「こんにちは。イム・ユナです。

まず、わたしの軽率な行動でご心配をおかけしてしまい、心から反省しています..申し訳ありません..

皆が大変で気をつけなければならない時期に、考えと判断が足りませんでした。
今後、慎重に行動するよう格別に努力します。

引き続き、新型コロナウイルス感染症で頑張っていらっしゃる医療スタッフと国民の皆さまに注意を払えなかったことを深く反省しています。

改めまして、皆さまに心配をおかけしてしまい申し訳ございません…」

と綴り、謝罪した。

またイ・ヒョリも同日、自身のInstagramに謝罪文を投稿した。

イ・ヒョリは、

「イ・ヒョリです。

昨夜、まだ気をつけなければならない時期にそぐわない行動をしたこと深く反省します..

最近、私は浮ついていて、深い考えが及びませんでした..

姉(年上)としてユナにも申し訳ないです..
今後、もう少し慎重に行動するようにします..

改めてお詫び申し上げます..」

と謝罪の意を伝えた。

ユナとイ・ヒョリは前日の1日、カラオケ店でInstagramを通じてライブ放送を行った。

しかし、新型コロナウイルス感染者が日々発生する中、大きな影響力を持つスターである2人の行動は、拡散予防のためのソーシャルディスタンスにそぐわず、軽率だとの指摘が相次いだ。

ライブ放送当時、コメントで指摘されたイ・ヒョリは、同行者に「カラオケ店に来ちゃだめ?」と聞き、ユナは「マスクをちゃんと着けてきました」と言い、マスクを着けてライブ放送を続けようとした。
しかし、最終的に「ごめんなさい。また来ます」とコメントした後に、ライブ放送を終了した。

ライブ放送後から、この時のライブ放送映像やキャプチャー画像がネット上で拡散し、2人の行動に対する非難の声が集まり物議を醸していた。

「ヒョリの民泊」での共演が話題に




ページ上部へ戻る