「2020 MAMA」BTSが大賞4冠獲得!日本語字幕版は2021年1月29日オンエア決定


「2020 MAMA (Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)」が世界中の音楽ファンの熱い熱気の中で幕を閉じた。
初の非対面イベントとして開催された「2020 MAMA」は歴代級のステージスケールと最先端の公演技術の融合、アーティストたちの驚くべきパフォーマンスが一つとなり、MAMAの歴史に新たな1ページを飾った。

今年は会場でのファンの熱烈な歓声はなかったものの、時空間を越えて世界中が一緒に楽しむことができた音楽フェスティバルとして意義深いものになった。
今年のMAMAのメインコンセプトが音楽で出会う新しい世界を意味する“NEW-OPIA”であるようにアーティストとファンが音楽でコミュニケーションを取り、楽しめる祭典の場をつくりあげたことに好評を博した。

世界中の音楽ファンを集めた「2020 MAMA」、最先端の公演技術を取り入れ最高の見どころを提供12月6日18:00から始まった「2020 MAMA」は、日韓でMnetを通じて生中継され、tvN Asiaなどアジア各地域のチャンネルとプラットフォーム、YouTubeチャンネルなどを通じて世界約200地域でも生中継された。

MAMAが行われている間、Twitterのリアルタイムトレンドで世界1位を占め、アメリカ、日本、ブラジル、イギリスなどのグローバルな68地域でリアルタイムトレンド1位を総なめにした。

授賞式が行われている間のリアルタイム投票を含めた全体累積投票数はなんと5億3千万件を超える数字を記録した。
韓国で行われた授賞式であるにもかかわらず、世界中のファンの熱い関心がいくつかの大陸を同時多発的に動かしたのは異例のことだ。

「2020 MAMA」はMnetのステージ演出力の頂点を極めたと評された。
オフライン授賞式は、非対面方式へと単なる転換ではなく、大きな公演だからこそ可能である様々な試みに乗り出した。

AR、VR、XRなどの拡張現実や仮想現実を用いた最先端技術でステージを豪華絢爛にし、実写を基盤に立体映像を施す新技術であるボリューメトリックまで取り入れた演出で世界中のファンたちに見どころが提供された。
とくに今回のMAMAではアーティストの公演ごとに特化したグラフィックが適用され、注目を集めた。

様々なところでそれぞれ異なるコンセプトと技術が活用された特色ある舞台が披露され、MAMA史上最大となる7台のAR専用カメラを動員して完成度が高まった。

肩の手術の療養中で参加ができなかったSUGAをボリューメトリック技術を使うことで実現した7人完全体BTSの「Life Goes On」、XRスタジオの仮想舞台で見たことのない破格の舞台を披露したTWICE、ロボットアームとレーザーシステムを結合して新しいパフォーマンスを披露したTREASUREなど目を離せない公演が続きファンの興奮を誘った。

グローバルスターからデビューしたての新人アーティストまで参加した音楽フェスティバルの現場

今までも常に最高のアーティストラインナップでファンのもとを訪れたMAMAということで、今回の「2020 MAMA」もアーティストの出演発表から大きな話題となった。

昨日MAMAのステージに上がった超豪華アーティストラインナップは、最大級の音楽授賞式としての地位を証明してくれるものとなった。
ATEEZ、BoA、BTS、CRAVITY、ENHYPEN、GOT7、(G)I-DLE、IZ*ONE、Jessi、JO1、MAMAMOO、MONSTA X、NCT、OH MY GIRL、SEVENTEEN、Stray Kids、TAEMIN、THE BOYZ、TOMORROW X TOGETHER、TREASURE、TWICEまで、韓国だけでなくグローバルファンからも大人気のアーティストが最高のステージでファンの声援に応えた。

また、MAMAでしか見られない特別ステージはファンを釘付けにした。
デビュー20周年を迎えたBoAのために後輩女性アーティストたちが準備した特別なトリビュートステージと、最強ガールクラッシュデュオのJessiとファサが一緒に披露した「GANG」のコラボステージ、同じ事務所の先輩·後輩であるMONSTA XとCRAVITYのパフォーマンスなどそれぞれ準備した特別ステージでファンたちを楽しませた。

BTSは「今年の歌手賞」、「今年の歌賞」、「今年のアルバム賞」、「Worldwide Icon of the Year」など全部門の大賞を総なめにし、2020年最高の活躍をしたアーティストであることを改めて印象付けた。


BTSは「MAMAはデビュー当時、唯一招待されなかった授賞式だった。 とても来たくて憧れていた授賞式だったが、このように大きな賞も連続して受賞でき、感慨無量だ」とし、「時には『Dynamite』のように爆発的に、時には『Life Goes On』のギターメロディーのように淡々と音楽を作って公演する。 あまりにも多くの愛をくださり、身に余るほど感謝しています」と受賞の感想を伝えた。


韓国はもちろんアジアでも大人気のソン・ジュンギが「2020 MAMA」のホストを務め授賞式をリードし、イ・サンヨプ、イ・ジョンジェ、イ・ソンビン、イ・ダヒ、イ・ドヒョン、イ・ユビ、イム・スジョン、イム・スヒャン、カン・ハンナ、キム・ジソク、コ・ボギョル、コンミョン、チェ・スヨン、チュ・ウジェ、チョン・ギョンホ、チョン・ヘジン、チョン・ミド、チョン・ムンソン、パク・ギュヨン、パク・ソジュン、パク・ハソン、ビョン・ウソク、ファン・インヨプ、ペ・ジョンナム、ヤン・ギョンウォン、ユ・ヨンソク、ユン・パクなど韓国のトップ俳優たちが授賞者として上がり、グローバル音楽フェスティバルをさらに輝かせた。

アジア音楽·専門部門授賞、アジア音楽産業の成長を牽引するMAMA

MAMAはアジア音楽交流の拡大に向け、2010年からアジア音楽部門の授賞を行ってきた。
今年は日本、マンダリン、タイ、インドネシア、ベトナムなど計5つの地域における10部門の授賞を通じて各地域で活躍したアーティストの成果を称え、世界のファンには様々なアジアンアーティストを紹介した。

アジア各国の音楽産業発展に寄与した全ての分野の関係者を対象とする専門部門に対する受賞者も発表した。

「ベスト制作者」にはパン・シヒョク、「ベストプロデューサー」にはPDOGG、「ベスト作曲家」にはYovie Widianto、「ベストエンジニア」にはク・ジョンピル、クォン・ナムウ、「ベストビデオディレクター」にはLumpens(チェ・ヨンソク)、「ベスト振付師」にはQUANG DANG、「ベストアートディレクター」にはMU:Eが受賞の栄誉に輝いた。

2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)日本語字幕版 放送スケジュール


Mnet
2021年 1月29日(金) 21:30~
※権利上の都合で内容が一部変更になる場合があり
日本語字幕なし版の再放送は12/29(火)14:15~、2021/1/1(金)11:30~予定




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません