お騒がせ元YG練習生 ハン・ソヒ、You Tube「ソヒコパス」の本格的な開始を予告で波紋

ハン・ソヒ ソヒコパス

写真:ハン・ソヒのYou Tubeチャネル

BIGBANGのT.O.Pと一緒に大麻吸引容疑で執行猶予の判決を受けたことで注目を集めるようになった元YG練習生 ハン・ソヒがYou Tubeチャンネルを開設、本格的なYou Tube活動を予告し波紋を広げている。

ハン・ソヒは、T.O.Pの薬物問題で一気にその名前と顔を知られるようになった。

その後、iKONのB.I(ハンビン)のカカオトークの相手として報道され、ヤン・ヒョンソク前YGエンターテインメント代表から脅迫を受けたと主張することもあった。

また、Monsta X ウォノの過去についてチョン・ダウンと暴露し、借金や麻薬疑惑を主張した。

毎度のごとく、人々が顔をしかめるような話題を提供しては、ひんしゅくや反感を買ってきたお騒がせ人物という印象が強い人だ。

一方でKARAのク・ハラとの交流を明らかにし、その人脈の広さでネットユーザーを驚かせたこともある。

そんな彼女が、6日、YouTubeチャンネルをオープンし、ティーザー映像を公開した。

チャンネル名は、自身の名前とサイコパスをもじった「ソヒコパス」。
公式You Tubeチャンネルのタイトル画像は、オレンジ色の囚人服を着たハン・ソヒの姿に、ダークな紫色の背景からなり、自身に対する世間のイメージを表現、明らかに炎上を狙っているように見える。

ソヒコパス

写真:「ソヒコパス」チャンネルのタイトル画像

ハン・ソヒは映像の中で、「私を知らない人がいるの? 悪名高い私を?」とほほえみ、
「人間は誰しも関心を受けたいもの。やりたいから。YouTubeはやりたかった」と語った。

そして、「麻薬」「同性」「YG」と自身のこれまでのイシューとなったキーワードを挙げる画面が映し出された。

ソヒコパス

写真:ハン・ソヒのYou Tubeチャネル

ハン・ソヒは、「本当に久しぶりに近況を知らせるようだが、見る人は見て、見ない人は見なくてもいい。私はただ元気に過ごしている」と言い切り、アンチのことは気にしていない様子を見せた。

この他にも、ティーザー映像には、You Tubeへの出演契約を結ぶ様子も映った。

ティーザー映像の再生回数は8日午後2時の時点で69万回を軽く超えており、関心の高さを物語っているが、お騒がせ人物だけに動画への評価は高評価が7千台であるのに対し、低評価は4.9万人と圧倒的な差を見せ、反感を集めている。

「ソヒコパス」は2月9日(火)の16時から公開がスタート、毎週火曜16時に更新される予定だという。
これまで数々の物議を醸し出してきたハン・ソヒが、「ソヒコパス」で今後何を語っていくのか、発言内容によっては再び大きな炎上を招くことになり、その内容に注目が集まっている。




ページ上部へ戻る