MONSTA X所属事務所STARSHIP、ウォノの契約解除を公式発表…大麻疑惑の捜査については「知らなかった」立場を明らかにする

ウォノ

写真:Starshipエンターテイメント

MONSTA Xのメンバー ウォノのグループ脱退から一夜明け、所属事務所であるSTARSHIPエンターテインメント(以下、STARSHIP)が、ウォノとの専属契約を解除したことを発表した。

1日、STARSHIPはウォノとの契約解除と大麻吸引疑惑報道について「全く知らなかった」との立場を明らかにした。

STARSHIPは、「本日の報道に関して、ウォノは2019年9月のドイツ公演を終えて帰国した際、空港で荷物と身体検査を受けたことがあるが、それは単純なプロセスだった。税関検査の一貫として案内を受けただけで、別途捜査についての告知はなく、ウォノに対する捜査が行われていたこと、2013年の大麻疑惑とこれに関する捜査が進められていることについて、当社は全く知らなかった」とし、「当社は、今回の件について、これ以上ウォノとの契約を維持できないと判断、これにより、当社はウォノと2019年11月1日付けで契約を解除する」とウォノの疑惑についての公式の立場と契約解除の理由を説明した。

そして、最後に今回の事態について責任を感じているとした上で、誠実に捜査に臨むことができるように最後まで協力することを約束、ファンに対して謝罪した。

この日、韓国ゴシップメディアのDispatchは、2013年にソウル市内のカフェでウォノがチョン・ダウンに大麻を見せ、その後2人で一緒に大麻を吸引したと報道した。
同メディアは、警察が2人の大麻吸引を陳述したチョ氏とチョン・ダウンの証言をもとに、ウォノに対する内偵捜査を実施、MONSTA Xが9月末にドイツ公演を終えて帰国した際にウォノに毛髪の任意提出を求め、薬物検査を行ったと報じた。

ウォノの大麻疑惑報道が報じられ一気にこれが広まると、ネット上には
「6年前のことがなぜ今さら?もっと前に言うときがあったはずでは?」
「司法取引のために暴露したのか?」
「昨日の突然の脱退発表はこのせいだった?」
「いったいチョン・ダウンとハン・ソヒ、何者で何を狙ってるんだ?」
「警察がまだ発表していないのに大麻とウォノの名前が横に並ぶのはひどすぎる」
「信じたくない・・・」
「ウォノ、大丈夫かな…」
「カムバのために頑張ってきたのにこんなことになるなんて」
「結局、最後はバーニングサンに繋がるのかな?ハン・ソヒとファン・ハナはインスタ繋がってたけど」
「他にもまたこれから暴露待機中なのか?」
「私の推しの方には絶対来てほしくない…」
など、数多くのコメントが書き込まれている。




ページ上部へ戻る