「第2のNiziU」にTREASUREファン激怒で「NiziUに続け!」に…

TREASURE

写真:YGエンターテインメント

先月正式にデビューしたボーイズグループTREASUREのファンが、「第2のNiziU」というフレーズに「それいうなら第2のTREASUREだから」と激怒した。

22日、文春オンラインに「第2のNiziU? 3分の1が日本人、K-POPグループ『TREASURE』が挑む“男子の壁”」というタイトルで、YGエンターテインメント所属のボーイズグループTREASUREに関する記事が公開された。

同記事ではTREASUREがデビューするまでの経緯やグループの特徴に触れ、4人の日本人メンバーを紹介しながら、K-POPグループに日本人が増加傾向にあるとし、その理由を考察した。

また、当日リリースされたセカンドアルバム「THE FIRST STEP : CHAPTER TWO」も紹介され、「今後の活躍を期待する」と締められた記事は、全般的に前向きな内容であったが、記事タイトルの「第2のNiziU」という表現にファンが激怒して非難の声を挙げ、「第2のNiziU」がトレンド入りした。

ちなみに、TREASUREのメンバーを選抜するサバイバル番組「YG宝石箱」が放送されたのは2018年11月~2019年1月。

本来であれば、2019年春~初夏頃にデビューする予定であったが、バーニングサン事件でYGエンターテインメントが世間の大バッシングを浴び、デビュー計画は完全にストップしてしまった。

紆余曲折を経て2020年8月にTREASUREは念願のデビューを果たした。

大批判を浴びて、記事タイトルは「NiziUに続け! 3分の1が日本人、K-POPグループ『TREASURE』が挑む“男子の壁”」に変更されたが、
「なぜTREASUREがNiziUに続かないといけないのか?」
「全員日本人のNiziUとTREASUREではコンセプトからして全く違うのにどうして並べようとする?」
「事務所も全然違うし順番も違うのになぜに続け?」
「タイトルにNiziUつけなくてもいいのでは?」
など、ファンの不満と怒りはくすぶっている。

NiziUは2020年6月にデビューメンバー決定、今秋のデビューが予定されている




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません