TREASURE、遂にデビュー!長かったデビューまでの道のり、メンバーには日本人4人も

TREASURE

写真:YGエンターテインメント

YGエンターテインメントの新人グループTREASURE(トレジャー)が7日、「THE FIRST STEP: CHAPTER ONE」をリリースし、遂にデビューした。

YGエンターテインメントにとっては、2016年デビューのBLACKPINK(ブラックピンク)以来、約4年ぶりの新人グループデビューとなる。

TREASUREはもともと2018年11月から2019年1月まで放送されたサバイバル番組「YG宝石箱」で結成されたグループ。

もともとは、ヤン・ヒョンソク元代表プロデューサーが2019年2月に明らかにしたように2019年5月から7月頃のデビューが予定されていた。

しかし、YGエンターテイメント関連の騒動から社会的非難が集まり、TREASUREのデビュースケジュールは延期となった。
そして、今年1月になり、最終的にTREASUREは4人の日本人を含む12人のメンバーでデビューすることが発表された。

トレジャーメンバー

写真:TREASUREのメンバー

一旦デビューまでの道のりが示されながらも一時は道が見えなくなる時期もあっただけに、TREASUREは「YG宝石箱」からデビューまで多くの紆余曲折を経ることになった。

TREASURE

写真:YGエンターテインメント

7日午前、ソウル市 永登浦(ヨンドゥンポ)区にある永登浦CGVでTREASUREのデビュー記念の記者懇談会が開催された。

メンバーは、TREASUREの特徴について、これまでのYGエンターテインメント所属の先輩グループと違い、所属事務所の中で最多人数のメンバーを持つグループであり、YGスタイルに各個人の個性が加わりシナジー効果を発揮するであろうと語った。

また、先輩グループであるBLACKPINKの活躍のおかげでデビューに大きな関心が集まることになって感謝していると明らかにした。

TREASUREのリーダーは、チェ・ヒョンソクとジフンの2人が務める。

TREASURE

写真:YGエンターテインメント

切実にデビューを願い続けてきたメンバーたちの夢が叶い、遂にデビューしたTREASURE。
デビューシングルは予約注文だけで17万枚を突破する記録を残して大きな話題となった。
今後の活躍に期待が集まっている。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません