CNBLUEイ・ジョンヒョンの脱退要求声明書、DCインサイドのCNBLUEギャラリーに掲示される

CNBLUE

写真:オンラインコミュニティ「DCインサイド」

CNBLUEイ・ジョンヒョンのグループ脱退要求声明書が、DCインサイドのCNBLUEギャラリーに掲示された。

15日、韓国のオンラインコミュニティサイト「DCインサイド」のCNBLUEギャラリーは、CNBLUEからのイ・ジョンヒョンの脱退を要求する声明書を掲載した。

前日14日にはイ・ジョンヒョンの名前が報道され、そのチャットルーム内の発言がファンらに大きな衝撃を与えていた。

声明書には、「イ・ジョンヒョンはCNBLUEのメンバーの一人の人間として、歌手、公人としての本分を破り、社会的に物議を醸し、CNBLUEとFNCエンターテインメントのブランド価値とイメージを失墜させました。

また、物議の中心であるチャットルームのメンバーとして明らかになった現時点でも、未だに沈黙を貫いており、該当のチャットルームで女性たちを商品化する発言を気兼ねなくするなど、公人としての本分を忘却した言動を続けています」と指摘した。

そして、「イ・ジョンヒョンの違法の事実は、警察捜査により明らかになるでしょうが、性犯罪に対する社会的な認識と、さらにはファンの大多数が女性である状況において、イ・ジョンヒョンの活動を受け入れることは到底できません。

また、イ・ジョンヒョンが残留した場合のCNBLUEが受ける打撃と他のメンバーのイメージ失墜もやはり容認することができません」

とした上で、

「CNBLUEの主軸メンバーとしてCNBLUEのイメージを既に失墜させ、今後多方面の活動において大きな打撃が予想されることから、私たちCNBLUEギャラリーは2019年3月15日をもってメンバー イ・ジョンヒョンの活動中断ではなく、脱退を強く要求します」とイ・ジョンヒョンの脱退を求めた。

一連の騒動では、DCインサイドのBIGBANGギャラリーとFTISLANDギャラリーもそれぞれスンリ(V.I)とチェ・ジョンフンの脱退を要求する声明文を今月掲げ、その後双方ともにグループ脱退と芸能界引退が発表された。

スンリに対する声明文と芸能界引退発表

チェ・ジョンフン対する声明文と芸能界引退発表

日本のファンは脱退反対の声を上げた




ページ上部へ戻る