コ・ヒョンジョン「女王の教室」制作発表会でちょっと太った?痩せます宣言!

女王の教室
4日午後、女優コ・ヒョンジョンがソウル汝矣島の63シティで開かれたMBCの新水・木ドラマ「女王の教室」の制作発表会に出席した。以前と比べ若干ふっくらとしたコ・ヒョンジョンは、会見でダイエット宣言をし記者の笑いを誘った。

MBCの新水・木ドラマ「女王の教室」で、コ・ヒョンジョンは絶対的なカリスマを持つ女教師マ・ヨジン役を演じる。「女王の教室」は日本で2005年に大ヒットした同名のドラマをリメイクした作品で、韓国社会の不条理や現実を反映したエピソードを盛り込んで制作される予定だ。

制作発表会に出席したコ・ヒョンジョンは、「予告編を見て自分もビックリした。やせなきゃと思った」と笑いながらコメント、また、「鋭いのは台詞や目だけじゃなく、スリムに見せるのも大事だろう。やっぱりやせなきゃ。監督もセキシーなシルエットを望んでるみたい」と冗談混じりにダイエット宣言をした。

この日、コ・ヒョンジョンはショートヘアとルーズなシルエットのワンピースを着て登場した。

「女王の教室」は、自ら不条理な社会の権力者になり、子供たちを窮地に攻めるマ・ヨジン先生とそれに屈せず、対抗し現実を理解していく6年3組のエピソードを描くドラマで、現在放送中のドラマ「男が愛する時」の後に続き、6月12日から放送がスタートする予定だ。

写真:MBCドラマ「女王の教室」


この記事も一緒にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »