LE SSERAFIM(ル セラフィム)ガラムのいじめ疑惑騒動の影響でスケジュールがキャンセルに…SNSでは脱退要求「garam_out 」がトレンド入り

キム・ガラム
LE SSERAFIM(ル セラフィム)のメンバー ガラムの学校暴力(いじめ)疑惑問題が韓国で炎上を続ける中、本日20日のスケジュールが急遽キャンセルとなった。

LE SSERAFIM(ル セラフィム)の所属事務所であるSOURCE MUSICはこの日、出演が予定されていたKBSの音楽番組「ミュージックバンク」(午後3時)とオンラインサイン会(午後8時)のスケジュールをキャンセルすることを発表した。

オンラインサイン会は後日、日程を調整して開催する予定とのことだ。

また、「LE SSERAFIM(ル セラフィム)のメンバーの疑惑に対する立場は、調査が終わり次第、迅速に明らかにします」とし、今後改めて立場を表明することを伝えた。

LE SSERAFIM(ル セラフィム)のメンバー・ガラムを巡っては、デビュー前の段階で中学生時代のいじめ疑惑がオンライン上で出回った。当時、所属事務所は「ガラムはいじめの被害者だった」と主張。疑惑を否定して白黒をつけることなくデビュースケジュールはそのまま進められた。

しかし、いじめ被害を受けたとされるAさん側が法務法人を通じていじめの経緯を詳細に綴った上で告発、謝罪の立場を明らかにするように求めたことで事態は別の局面へと向かい始めた。

SOURCE MUSICはAさん側の主張に対して「一方的に多くのマスコミに立場を発表したことを残念に思います」とした上で、改めて明確な立場を伝えるとしていた。

一方、SNSでは「garam_out 」がトレンド入りし、脱退を要求する声も上がっている状況だ。




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA