LE SSERAFIM(ルセラフィム)ガラム、活動中断&グループは5人体制で活動「心の傷を癒やすことに集中」

ガラム
LE SSERAFIM(ル セラフィム)のガラムの活動中断とグループが5人組で当分活動することが決まった。

20日、HYBEとSource Musicはガラムのいじめ疑惑について公式コメントを発表した。

HYBEとSource Musicの公式の立場

HYBEとSource Musicの公式の立場

いじめ被害者とされるAさんについて、HYBEは「A氏は学校で着替えをしていた生徒の下着姿を無断で撮影し、これを他の生徒名義のSNSで公開した。これに怒ったキム・ガラムを含む生徒たちがA氏に抗議した。この過程でいかなる物理的、身体的暴力もなかった」と今回の騒動のきっかけを説明した。

続いて「A氏は自分の過ちを認めたが、自分の犯した行動に対するいかなる処罰も受けることはなかった。逆に自分に抗議した生徒を加害者であると主張し、校内暴力対策委員会に訴え、本人は別の学校に転校してしまった。その結果、キム・ガラムと友人1人は校内暴力対策委員会の処分を受けた」と経緯を伝えた。

そして「本件は、友人らとの関係で、最初に過ちを犯した加害者(A氏)が校内暴力対策委員会の開催を要請し、被害を受けた友人のために乗り出したキム・ガラムがいじめの加害者として目された事案だ」と主張した。

HYBEはこの件があった後、「キム・ガラムに関する出処の分からない噂が学校で広まった。『植木鉢で友人を殴った』『強制的に転校させられてきた』など、悪意のある噂で苦しめられ、その後、学校の先生の仲裁でデマを広めた生徒から直接謝罪をされたりもした」と伝えた。

HYBEは、「話し合いの結果、ガラムはしばらくの間活動を中断して傷ついた心の治癒に集中することになった」とし、ガラムが復帰するまではグループは「当分の間5人体制で活動する計画だ」と今後について明らかにした。




関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA