ヒョンビンとソン・イェジンにディスパッチ砲!4回目の熱愛説に所属事務所は…

写真:「愛の不時着」で人気を集めたヒョンビンとソン・イェジン

ドラマ「愛の不時着」で2020年大人気を集めたヒョンビンとソン・イェジンが交際中であるとディスパッチが元旦のスクープ報道を出した。

ディスパッチニュースを受け、ヒョンビンとソン・イェジンの両所属事務所は「記事の内容について確認中」との立場を伝えた。

1日、ディスパッチは、ヒョンビンとソン・イェジンが8か月間、交際中であると報道した。

毎年、韓国トップスターの熱愛スクープを報じてきたディスパッチが2021年の熱愛報道として「愛の不時着」カップル説を提起したことになる。

ヒョンビンとソン・イェジンの熱愛説は今回で4回目だ。

2人は、2018年に映画「ザ・ネゴシエーション」で共演した当時、熱愛説が出たことがある。

続く翌年2019年1月には、アメリカのロサンゼルスのスーパーで買い物中のツーショット写真が撮られ、再び熱愛説が伝えられた。

しかし、2018年も2019年も双方の所属事務所は熱愛説を否定した。

さらに、ドラマ「愛の不時着」が放送中の2020年1月(※韓国では2019年12月14日~2020年2月16日に放送された)にも、ヒョンビンとソン・イェジンの熱愛説が出たが、この時もまた2人の関係者は熱愛説を否定した。

ディスパッチも過去3回の熱愛説をふり返りながら、「その時は違った」と強調し、当時2人は親しかったが交際関係にはなかったと伝えた。

そして、ヒョンビンの知人の言葉として「愛の不時着」にひっかけて「2人の愛が到着した時期はだいたい3月くらいだ」とし、「ドラマが終わり離れて過ごしながら、懐かしく恋しい感情が生まれたようだ。共通の趣味であるゴルフも親しくなることに一役買った」と伝えた。

双方の所蔵事務所は「確認中」との立場を出しており、2021年新年の公式カップル誕生となるか関心が集中している。




ページ上部へ戻る