元iKONのB.I(ハンビン) Epik Highの新アルバム参加は活動復帰の第一歩?韓国では賛否両論の声

Epik High Is Here 上

写真:「Epik High Is Here 上」フィーチャリングアーティストイメージ

Epik High(エピックハイ)の10thフルアルバムPart.1「Epik High Is Here 上」に参加するフィーチャリングアーティストが公開された中、元iKONのリーダー B.I(ハンビン)の名前がイシューを巻き起こしている。

今月11日、Epik Highは公式SNSを通じて10thフルアルバムPart.1「Epik High Is Here 上」のフィーチャリングポラロイドイメージ第3弾を公開した。

公開された第3段イメージには、新たに左上から順番にG.Soul、ウ・ウォンジェ、Miso、B.I(ハンビン)のポラロイド写真が追加され、第2弾公開時の空白部分がすべて埋められた。
た。

豪華なフィーチャリングアーティストに楽曲への期待が高まっているが、中でも特に注目を集めているのは元iKONのリーダー B.I(ハンビン)だ。

麻薬疑惑騒動からiKONを脱退し、自粛を続けてきたB.I(ハンビン)は、自作曲を公開したことはあるが、公式的な活動は行っていない。

マスクの寄付や児童保育施設でのボランティア活動などのニュースが時々流れる以外は、近況もほとんど伝えられることはなかった。

そんな中、B.I(ハンビン)が、昨年9月にコ・ヒョンジョンやチョ・インソンが所属するIOK Companyの社内取締役に選任されたことが発表された。

これに続くかのように、B.I(ハンビン)は自身のInstagramを通じて10月、11月、12月と連続して1枚ずつ写真を公開しており、2021年には何か動きがあるのではないかと予測するファンも多かった。

B.I 寄付

写真:ワールド・ビジョン

昨年12月にはIOK Companyとともに国際協力NGOワールド・ビジョンにマスク20万枚・下着1万枚など、2億ウォン相当の物品を寄付をしたことが報じられたりもした。

これまでの経緯があるだけに、B.I(ハンビン)のフィーチャリング参加にファンは喜びの声を上げている。

しかし、その一方でヤン・ヒョンソク元YGエンターテインメント代表の麻薬捜査もみ消し疑惑についてはまだ終結しておらず、韓国のネット上には「時期尚早」という冷たい視線も少なくない。

賛否両論の声が上がる中、B.I(ハンビン)はEpik Highのアルバムフィーチャリング参加を起点として活動復帰することになるのか関心が集まっている。




ページ上部へ戻る