元iKONのB.I(ハンビン)、ボランティア活動の近況写真に注目集まる

ハンビン

写真:オンラインコミュニティ

iKONの元リーダー ハンビン(B.I)の近況写真がネット上で公開され、ファンの関心を集めている。

最近、SNSとオンラインコミュニティを中心にハンビン(B.I)のボランティア活動の様子の写真が公開された。

公開された写真には、ソウル市・恩平(ウンピョン)区にある児童保育施設である「恩平天使園」でボランティア活動を行っているハンビン(B.I)の姿が写っている。
ハンビン(B.I)は、ボランティア活動とともに靴を12足寄付したと伝えられている。

ハンビン(B.I)は4月にも「恩平天使園」にマスク1.000枚を寄付したことがある。
この時の様子は恩平天使園の公式ホームページに子供たちと写る写真とともに掲載され、「4月21日に恩平天使園を訪れ、温かい気持ちで準備したマスク1,000枚を渡して帰られました」と紹介されていた。

恩平天使園

写真:恩平天使園

ハンビン(B.I)は今年2月にマスク10万枚を寄付したことが伝えられていた。

今年1月に自作曲公開で大きな話題を集めたハンビン(B.I)は、iKON脱退後、自粛生活を続けている。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません