防弾少年団(BTS) SUGA(ユンギ)、EPIK HIGHのアルバムにプロデューサーとして参加!

EPIK HIGH

EPIK HIGH公式SNS

防弾少年団(BTS)のSUGA(ユンギ)が、EPIK HIGH(エピックハイ)のアルバムにプロデューサーとして参加したことが明らかになり、話題となっている。

防弾少年団(BTS)のSUGAがEPIK HIGH(エピックハイ)のニューアルバムに参加したことが明らかになったが、この参加はフィーチャリングとしての参加ではなく、プロデューサーとして参加したことで、より大きな注目を集めた。

TABLO

写真:TABLOのSNS

昨年10月、EPIK HIGH(エピックハイ)のTABLO(タブロ)は、自身のSNSを更新し「今日EPIK HIGH(エピックハイ)を訪れた人がいて、僕の鼻には大きなできものができた(EPIK HIGH had a visitor today and I have a huge pimple on my nose)」というコメントと共に、SUGAと一緒に撮った写真を掲載、SUGAがフィーチャリング参加をしたのではないかと予測されていた。

大先輩のグループに後輩グループのメンバーがプロデューサーとして参加することは極めて異例なことだ。

さらに、SUGAは、小学校6年生の時にEPIK HIGH(エピックハイ)を見たことがきっかけで音楽をしようと思ったと過去に語っており、EPIK HIGH(エピックハイ)のアルバムに作曲とプロデューサーとして参加するに至ったとは感慨深いものがあるだろう。

SUGAのプロデューサーとしての参加により、EPIK HIGH(エピックハイ)のニューアルバムに幅広い層のさらなる期待と関心が集まっている。

SUGA(ユンギ)は大先輩イ・ソラの楽曲にも参加して話題に




ページ上部へ戻る