外務省が韓国慶尚北道の感染症危険レベルを引き上げ【2020年03月02日】

外務省海外安全ホームページ

外務省は、2日夜、韓国慶尚北道の感染症危険レベルを引き上げた。

1日に外務省は大邱広域市及び慶尚北道清道郡に対し、感染症危険情報についてレベル3(渡航は止めてください/渡航中止勧告)を発令していたが、この範囲を清道郡以外の慶尚北道一部地域に拡大した。

1日に発表された感染症危険レベル

2月25日時点では大邱と慶尚北道清道郡のみレベル2とされていた

追加されたレベル3(渡航は止めてください/渡航中止勧告)の地域は以下の通り。

慶尚北道(けいしょうほくどう)に位置する
・慶山(キョンサン)市
・永川(ヨンチョン)市
・漆谷(チルゴク)郡
・義城(ウィソン)郡
・星州(ソンジュ)郡
・軍威(グンウィ)郡

追加地域も大邱広域市及び慶尚北道清道郡同様、「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」となる。

また、レベル3に追加された上記、市・群以外の慶尚北道内について、「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」に危険度を引き上げた。

韓国では、新型コロナウイルス感染症の新規感染者が多数、確認されており、在韓者及び渡航者は感染予防を万全にする必要がある。

2日16時過ぎには、韓国全国の幼稚園、小・中・高校の始業が2週間、追加で延長されることが公式に発表されている。




ページ上部へ戻る