東方神起ユンホ 防疫指針違反の疑いで立件、SMエンターテインメントが公式謝罪

東方神起ユンホ

写真:SMエンターテイメント

東方神起のユンホが、防疫指針違反の疑いで立件された件について、所属事務所のSMエンターテインメントが公式に謝罪した。

9日、韓国の一部メディアは、ユンホが先月末、江南(カンナム)区 清潭洞(チョンダムドン)のレストランで営業制限時間を超えた22時から0時頃まで知人らと滞在していたことから摘発され、感染病予防法違反でソウル警察庁の調査を受けていると報じた。

現在、ソウル首都圏は、レベル2のソーシャルディスタンスが適用されており、レストランやカフェ、遊興施設などの営業時間は22時までに制限されている。

SMエンターテインメントは「新型コロナウィルスのために、多くの方々が大変な状況下にある中、ご心配をかけて大変申し訳ありません」と謝罪の意を伝えた。

そして、「ユンホは最近、江南(カンナム)のあるレストランで知人3人に会って話を交わしている中、営業制限時間を越え調査を受けました。ユンホは一瞬の油断により、多くの方々を失望させた点について深い自責の念を感じ、反省しています」と伝えた。

続いて「当社としましても所属アーティストがプライベートな時間においても、防疫規則をきっちりと遵守するよう、徹底した管理と指導をできなかった点につき、申し訳なく思っております」と所属事務所としての監督不行き届きを詫びた。

最後に、「新型コロナウィルス克服のために尽力されていらっしゃる医療スタッフおよび防疫要員、ボランティアの方々など、それぞれの立場で最善を尽くしていらっしゃる皆さまのご苦労が無駄にならぬよう、防疫規則遵守の教育と指導により一層努めてまいります」とし、「改めまして、ご心配をおかけしましたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。

ユンホも深夜にインスタグラムに謝罪文を掲載




ページ上部へ戻る