俳優キム・ウビン、スクリーン復帰準備報道に所属事務が公式の立場示す


俳優キム・ウビンがスクリーン復帰を準備しているとの報道について、所属事務所側が公式の立場を明らかにした。

9日、キム・ウビンの所属事務所であるサイダスHQの関係者は、「健康状態はかなり良くなったが、まだ復帰の計画はない」と復帰報道を公式に否定した。そして「何よりも健康回復が最優先なので、現在も健康の回復に配慮している」と伝えた。

これに先立ち同日午前、一部韓国メディアは、最近、体調が好転したキム・ウビンに複数のシナリオが渡っており、実際にキム・ウビンがいくつかの作品を議論していると報道していた。

キム・ウビンは、2017年5月悪性腫瘍が咽頭にできる上咽頭がんの診断を受け、活動を全面中止して抗がん治療を続けてきた。
健康管理に専念しているキム・ウビンは、昨年末から韓国内外で目撃談が寄せられ、復帰への期待感が高まっている。

キム・ウビンは、同僚俳優イ・ジョンソクと江南やハワイに旅行に出かけている姿が目撃され、また新年早々に、公開熱愛4年目の恋人シン・ミナとオーストラリアにいるところをキャッチされ話題を集めた。




ページ上部へ戻る