キム・ウビン、恋人シン・ミナと同じAMエンターテインメントと専属契約締結!

写真:sidusHQ

俳優キム・ウビンが恋人シン・ミナと同じ所属事務所 AMエンターテインメントと専属契約を結んだ。

10日、AMエンターテインメントは「キム・ウビンと専属契約を締結しました。これからもドラマ・映画はもちろん、キム・ウビンの全般的な活動を最善を尽くしてサポートしていきます。今後の歩みに多くの関心と応援をお願いします」と専属契約締結を明らかにした。

キム・ウビンは2008年にモデルとしてデビュー後、2011年のKBSドラマスペシャル「ホワイトクリスマス」で俳優として活動をスタートした。

以降ドラマ「紳士の品格」「相続者たち」「学校2013」「むやみに切なく」や映画「友へ チング2」「技術者た」「二十歳」「マスター」など数々の作品を通じてスター性と興行性を同時に兼ね揃えた俳優として認められた。

キム・ウビンは、昨年11月に闘病生活による2年あまりのブランクを経て「第40回青龍映画賞」で元気な姿で舞台に立った。
そしてファンミーティングやMBC創立特集ドキュメンタリー「HUMANIMAL」のナレーター抜擢など、本格的な活動の始まりを知らせた。

MBC創立特集ドキュメンタリー「HUMANIMAL」

sidusHQとの専属契約満了で新しい所属事務所に関心が集まっていた

現在、キム・ウビンはチェ・ドンフン監督の新作への出演を確定し、撮影準備をしている。




ページ上部へ戻る