キム・ウビン、MBCドキュメンタリー「Humanimal」のナレーションで番組活動再開!ユ・ヘジン、リュ・スンリョン、パク・シネに続くメンバー

キム・ウビン「Humanimal」

写真:MBC

俳優キム・ウビンがMBC創立特集ドキュメンタリー「Humanimal」でテレビ放送に復帰する。

先月11月に約2年6ヶ月の闘病生活を経て元気な姿で活動再開を知らせたキム・ウビン。そんな彼の番組復帰はドキュメンタリー番組「Humanimal」に決定した。

MBCが新たに披露する「Humanimal」5部作は、全世界で繰り広げられる人間(Human)と動物(Animal)の生と死、そして共存を描く超大型UHDドキュメンタリー。

ユ・ヘジン、リュ・スンリョン、パク・シネが現場プレゼンターとして参加したというニュースが伝えられ注目を集めていた。
3人の俳優・女優は制作陣とともにタイ、アメリカ、ジンバブエ、ボツワナ、南アフリカなど全世界10ヶ国を行き来しながら、絶滅の危機に追い込まれた野生動物の厳しい現実を直接経験してきた。

写真:MBC

ここに最後のメンバーとして合流したキム・ウビンは、「Humanimal」全体をカバーするナレーターとして活躍する。
ユ・ヘジン、リュ・スンリョン、パク・シネの3人が自身の経験を基に、世界各国の動物たちの生と死をリアルに伝える中、キム・ウビンはどっしりと訴えかけるような声で共存に対するメッセージを伝えることになる。

「Humanimal」は「アマゾンの涙」「南極の涙」と「クマ」を制作したキム・ジンマンPDがプロデュース、「ヒューマンドキュメンタリー 愛」と「青春ドキュメンタリー 再び二十」を制作したキム・ヒョンギPDが演出を担当しており、エピローグを含め、全5部作となっている。

1月6日午後8時55分から韓国で放送がスタートする予定だ。




ページ上部へ戻る