ViViが公式謝罪!IZ*ONE出身 宮脇咲良のHKT48卒業の情報漏えい 再発防止を約束

写真:ViViモデル全員登場のViVi (ヴィヴィ) 2021年 07月号

IZ*ONE出身の宮脇咲良が、公式発表前にHKT48を卒業するという情報を漏らしてしまったことについて、ViViが公式サイトを通じて謝罪した。

18日、ViViは公式サイトに「ViVi 7月号記事流出についてのお詫び」のタイトルで謝罪文を掲載した。

謝罪文では「情報解禁前の内容を含むにも関わらず、社外に流出してしまったことに関しまして皆様には多大なるご迷惑をおかけしております」としながら、今回の情報漏れの原因について「注意不足により、該当記事が誤って表紙解禁の情報とともに納品するサンプル記事群の中に含まれてしまっていた」と、人為的ミスがあったことを明らかにした。

そして「ご本人様をはじめ、応援するファンの皆様、関係各所の皆様の大切な想いを
踏みにじる結果となってしまい、心より深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

また、今後は同じようなミスが発生しないよう、管理体制の見直しなど再発防止に全力で取り組むことを約束した。

今月13日に、ViVi 7月号の雑誌宣材イメージに、宮脇咲良の卒業に関する文章が含まれていたことから、公式発表前に「卒業」がネタバレしてしまうという事態が発生した。

宮脇咲良の今後の去就に関心が集中していただけに、情報は一気に拡散。韓国でもニュース化された。

非公式ネタバレには、宮脇咲良のHKT48卒業は公式もしくは本人の口から聞きたかったというファンの非難が集まっていた。

この情報漏れから2日後の15日、宮脇咲良は「HKT48メンバー全員生出演イベント」に出席し、自分の口でHKT48卒業を発表した。




ページ上部へ戻る