故ク・ハラさん、3日の誕生日を迎え実兄がSNSで追悼

写真:ク・ハラさんの実兄のInstagram

昨年、突然この世を去った歌手ク・ハラさんの誕生日を迎え、実兄が妹を追悼した。

3日、ク・ハラさん実兄は自身のSNSに「毎年この時間におめでとうと送っていたのに、これが最後」とし、「おめでとう。そこでは心配なく明るく笑いながら幸せになれ、ハラ」というメッセージとともに写真数枚を掲載した。

公開された写真には、1991年1月3日生まれのク・ハラさんが生前、誕生日のお祝いしてもらい明るく笑う姿などが写っている。
ケーキに立てられたろうそくを吹き消す姿に、花火を持って明るい笑顔を見せる姿と、誕生日の幸せな一コマが収められている。

昨年11月24日、ク・ハラさんは28歳という若さでソウル・江南(カンナム)区 清潭洞(チョンダムドン)の自宅で死亡した状態で発見された。

ク・ハラさんは京畿道(キョンギド)城南(ソンナム)市盆唐(ブンダン)のスカイキャッスル追慕公園に安置された。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません