元f(x)ソルリ、自宅で遺体で発見され衝撃広がる…

ソルリ

写真:SMエンターテイメント

元f(x)のメンバー ソルリ死亡のニュースが伝わり、大きな衝撃が広がっている。

14日、警察発表によると、ソルリは同日午後、京畿道 城南市にある自宅で亡くなった状態で発見された。
死因や経緯などについて警察は現在、鑑識を含め捜査を行っている。

ソルリは、2005年にSBSドラマ「薯童謠」で子役として活動、2009年から2014年までSMエンターテイメント所属のガールズグループf(x)で活躍した。
また、ドラマ「花ざかりの君たちへ」、映画「リアル」、「海賊」などに出演、女優としても人気を集めた。

一度は古巣を離れたソルリだったが、2017年には再びSMエンターテイメントと契約を結んでいる。

2018年には「ジンリ商店」を通じてf(x)脱退理由についてコメントし注目が集まった。

今年6月29日にはシングル「Goblin」をリリースするなどソロ歌手としても活動した。

先月にはデビュー14周年を感謝するファンへの手紙を公開していた。

突然のソルリの訃報にネット上では「ソルリ、なぜ…」と心を痛めるファンの書き込みが殺到している。




ページ上部へ戻る