【取材レポ】『PRODUCE 101 JAPAN』TBSで9/25初回放送!12月には11人へ、ナインティナインとともに101人の練習生お披露目

日本のエンターテイメント界で過去最大級の番組制作規模となる巨大プロジェクト『PRODUCE 101 JAPAN』のグローバルボーイズグループ結成を目指す101人の練習生が決定し、TBSにてテレビ放送&『GYAO!』にてインターネット動画配信が決定し、番組開始に先駆け、9月1日に都内でお披露目会が行われ、練習生全員が参加したMVが初披露された。

『PRODUCE 101』は、韓国の音楽専門チャンネル「Mnet」放送され、社会現象を巻き起こした革命的大ヒット番組。これまでIOI(アイオアイ)、Wanna One(ワナワン)、IZ*ONE(アイズワン)が誕生、グローバルに活躍する数多くのスターを輩出し、『PRODUCE 101 JAPAN』として、ついに日本最大級規模の番組として上陸!

練習生101人からスタートし、さまざまミッションに挑戦、し烈競争を争って最終11人のメンバーが選ばれ2020年にファイナルグループとしてデビューするこれまでにない日本最大のオーディション番組となる。
全国民がプロデューサーとなって投票に参加し、101人から新たなスター11名を誕生させ、一緒に一緒に作り上げていくというのが特徴。スマートホンさえあれば誰でも国民プロデューサーになれるという。

9月25日(水)深夜24:01~25:00、TBS系列で初回放送。11人が決定する最終決戦も12月に大型特別番組として生放送が決定している。そして9月26日(木)午後9:00~無料動画配信サービス『GYAO!』にて動画配信。毎週木曜日に全12回更新される。

この日、国民プロデューサー代表のナインティナインの2人(矢部浩之、岡村隆史)とともに番組収録が行われ、番組収録後の練習生全員のお披露目会では、先に韓国で撮影したというパフォーマンス動画のMV『ツカメ~It’s Coming』が公開され、練習生全員が登壇。国民代表プロデューサーと番組メインMCのナインティナインを迎え、フォトセッションと番組の見どころやメッセージなどを語った。

パフォーマンス動画(MV)を見て、
矢部は「結構最初から見せてもらってて、テーマ曲が発表されるみなさんのリアクションも見て、“できない!”とか、“難しい!”とか言ってるのも見てるんで、いや、すごいなと思って。本当にカッコいいです。」「すごい話題性もありますし、お金のかかり方も、まあすごいですよね?」セットが入るステージが日本ではなかなかなかったため韓国で撮影したという。

岡村も「照明もあれだけやってもらって、セットも動いてカメラワークもやっていただいて、最後は紙吹雪まで出してもらって、いろんな演出もありながらみなさんが本当に一生懸命頑張られてソウルまで行かれたそうで、むちゃくちゃカッコよかったと思います。」と太鼓判。

今日の番組収録については「初めてと言っていいくらいちゃんと向き合って喋れましたね。フリートークしたのは初めてです。」と矢部が言うと「僕へのいじりは結構早い段階からありました。」と岡村。
「岡村さん早いんです、そういうの察知するのが。(矢部)」「溶け込むのが早い。イジられてんなっていうのがすぐ分かりました。(岡村)」と笑わせて収録の様子を語った。

どんな練習生が集まったなと思いますか?と聞かれると
「まだ(自分を)全部見せてないんじゃないですか?みなさん。今からふり落とされる段階なんで、こっからが面白くなると思います。(矢部)」
「たぶんみんな仲間みたいな感じでしょうけど、最終的に11人は決まってますので、みんながライバルやと思いますので、おそらく変な空気が流れていくと思います。(笑) ダンスの先生とか歌の先生とか、厳しく指導されると思いますので、僕らがいる時にはちょっとリラックスしていただけたらありがたいなというポジションでやらせていただいてますので、ちょっとでも笑顔を見せてもらえたらなと思います。(岡村)」と練習生へエールを送った。

韓国での収録について問われると「すごく厳しい合宿だったなと感じました。(矢部)」「現場が韓国語、日本語、英語が飛び交ってて、僕にすごい韓国語で喋ってくる人がいて、なんやろな?と。すべて“カムサハムニダ”で終わらせました。(笑) 現場がすごいインターナショナルな感じでしたね。(岡村)」撮影現場の様子を語った。

披露されたMVのVTRでは2人が「イッツ、ショータイム!」と言って始まるが、「一番カッコ悪いのが自分らやなと思って」と苦笑いの矢部。

岡村も「僕らもカッコよく撮ってもらおうと思ったんですが前の日飲む過ぎたんで顔むくんでますって言われて…」に矢部が「カメラ睨みすぎでしょ。このちっちゃいおっさん睨んでるなって」(笑)とツッコむと、岡村は「違うんですよ、視力も落ちてまいりまして、なんか前から来たな~って思って、ジ~と見てたら“カメラか!”と思って。真っ暗で照明が来るまで分からなかったもんですから、どこ見てたらいいのかなと思ってたら、すっとんきょんな顔になってしまいました。そこだけ撮り直したなと。」「我々も自分たちじゃない感じです」と、いつもとは違う撮影現場にに戸惑った様子を振り返った。

番組の見どころを聞かれると
「やっぱり練習生たちの努力じゃないですか?あと、国民プロデューサーの方がどんどんやっぱり応援したくなる子が変わっていったり、ドキュメントの部分が楽しいところじゃないですか。(矢部)」
「11人に選ばれなくても、どっかで“僕、実は101JAPANで落とされたんです”というのが出てくるかも分かりませんし(岡村)」と見どころを語った。

最後に国民プロデューサーにご挨拶をお願いします。と言われると、岡村が練習生に「顔を上げといてくださいね、とスタッフさんからきつく言われてますので」(笑)と場を和ませ、「国民プロデューサーのみなさま、よろしくお願いいたします!」と岡村という掛け声の合図で「よろしくお願いします!」と練習生全員で声を揃えて挨拶。
その後練習生が1人1人紹介され挨拶しお披露目会は終了した。

主題歌『ツカメ〜It’s Coming〜』が9月3日の公開からわずか1日でSNSで話題に!

今年4月にオーディション概要が発表されていた

8月には韓国での撮影がニュースに

PRODUCE 101 JAPAN


■テレビ放送
放送局 TBS系列 ※一部地域を除く
番組名 PRODUCE 101 JAPAN
出演者 ナインティナイン、PRODUCE 101 JAPAN練習生 ほか
放送日時 初回(#1)2019年9月25日(水)深夜0時01分~1時00分
最終回(#12)12月放送予定

■インターネット動画配信
配信サイト GYAO! ※独占配信
番組名 PRODUCE 101 JAPAN
出演者 ナインティナイン、PRODUCE 101 JAPAN練習生 ほか
配信日時 2019年9月26日(木)午後9時00分~午後11時00分
※全12かい、毎週木曜日午後9時更新 ※会員登録不要、無料でご覧いただけます。
https://gyao.onelink.me/AeWv/a9b4fa0b
※『PRODUCE 101』シーズン1、シーズン2の配信も決定

PRODUCE 101 JAPAN オフィシャルサイト
https://produce101.jp




この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る