プデュ日本上陸!PRODUCE 101 JAPAN(プデュ日本版)開催決定

PRODUCE 101 JAPAN

写真:PRODUCE 101 JAPAN公式

Wanna One(ワナワン)、IZ*ONE(アイズワン)らを輩出した韓国の人気サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101」が、日本版となる「PRODUCE 101 JAPAN」として新しいボーイズグループを誕生させることが決定した。

2020年のデビューが予定される新しいアイドルグループが日本で誕生することになる。
「PRODUCE 101 JAPAN」は、吉本興業とMCIPホールディングス、CJ ENMがタッグを組み、国民プロデューサー代表はナインティナインの岡村隆史と矢部浩之の2人が務める。

2020年といえば、東京オリンピック競技大会の開催が予定されており、まさにオリンピックに向けたアイドルグループということで大注目を集めることになりそうだ。

さらに、キャッチコピーには「日本初!国民プロデューサーが決めるボーイズグループオーディション開催。アジア圏のみならずグローバルで活躍するボーイズグループ誕生へ 」との文字が踊り、日本で男性アイドルといえばジャニーズが圧倒的な影響力を持つ中、その牙城に食い込むことができるアイドルグループが誕生することになるのか、関心を集めている。

既に、エントリーは始まっており、5月31日(金)23:59:59迄応募が受け付けられている。

PRODUCE 101JAPAN

写真:PRODUCE 101 JAPAN公式

PRODUCE 101 JAPAN オーディション応募対象者

応募資格

2019年7月末日時点で義務教育を修了しいている満16歳以上〜30歳以下の男性
・自薦他薦は問わず
・ボーカル、ラップ、ダンス経験者歓迎、未経験者も可能
・日本在住者
・応募時点で他のプロダクションに未所属であること
・オーディション過程より、WEB、テレビ番組、他メディアへの出演が可能であること
・未成年者は親権者の同意必須
・オーディション合格後、2019年8月以降に行われるトレーニング合宿(日本国内、または海外)に参加可能であること
(合宿に伴う交通費・宿泊費は主催者負担)
詳細:PRODUCE 101 JAPAN公式サイト

選考は、1次審査が6月15日~23日までの間、東京、大阪、名古屋、札幌、仙台、福岡、沖縄にて開催され、2次審査が7月13日~15日までの3日間行われる。

この過程を経て、合格者101人が決定し、合格者はサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」に出演するという流れだ。

そして、最終的に勝ち残ったメンバー11人が、ボーイズグループのメンバーとなり2020年デビュー、アジアを超えてグローバルで活躍するアイドグループとして活動する予定となっている。

5月3日からは「PRODUCE X 101(プデュX101)」が日韓同時放送!




この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る