【インタビュー取材レポ】Apeace「朝の太陽みたいに毎日光るグループになっていきたい」情熱的な新曲『Feel So Good』11月20日発売!

11月20日に10枚目のシングル『Feel So Good』を発売するApeaceに、新曲や「KCON 2019 THAILAND」が開催されるタイに向けての意気込みなど、インタビューをさせていただきました。

Q.11月20日発売の新曲『Feel So Good』はどんな曲ですか?

J.D「今回のシングルは記念すべき10枚目で、普段僕らのアルバムやシングルには日本語を入れるのが多くて、韓国語は結構無かったんですけど、今回のシングルでは韓国語でいこうということで、ApeaceだけのK-POPを見せるという意識を持って準備をしました。『Feel So Good』というタイトルで、“君が好きだ!”と叫ぶんじゃなくて、耳元で“君が好きだ”と囁くような、でも心だけは熱いという歌詞の曲です。そして『Holy Heaven』は素敵なメロディーと、今までApeaceが挑戦してない新しいジャンル、新しい色の曲なので、2曲とも愛してください。よろしくお願いします。」
―新しいジャンルというのは?
ワンチョル「ミディアムテンポのバラード曲なんですけど、そこにもまた新しいかっこいいダンスも入っています。」

Q. 『Feel So Good』で注目してほしいダンスのポイントは?

ヨンウク「『Feel So Good』のダンスのポイントは、好きな人を自分の近くまで寄せて抱き締めるのがポイントなんです。前で抱き締めるんじゃなくて、ちょっと横で抱き締めます。」

ジュンシク「そこで“チュー”です!」(とダンスのポーズを取るジュンシク)

ウォンシク「ダンスのポイントは、いろいろあるんですけど、僕の個人的には妄想なんですが、チュー(キス)が妄想なんです。ある人が見たらこれはチューかなと思うかもしれないし、いろんな考えが出来ると思います。見る人によって全然違うという妄想です。」
ヨンウク「妄想ウォンシクです」(笑)

Q.先日の「AICHI IMPACT! 2019」で、新曲を披露されたそうですが、反応はいかがでしたか?

ワンチョル「愛知で、僕たちの新曲『Feel So Good』を初披露したんですが、僕たちのファンもそうだったし、僕たちのことを初めて見てくれた方たちも、Apeaceの色はこの色なんだ、Apeaceの個性をちゃんと見せることが出来たなと思いました。ネットで検索したらすごく反応が良かったので、僕たちも良かったなと思ってます。」

2ページ目に続きます!




ページ:

1

2 3 4 5
ページ上部へ戻る