YGエンターテイメント ヤン・ヒョンソク代表、役職辞任を表明

YGヤン・ヒョンシク代表

YGエンターテイメントのヤン・ヒョンソク代表が、辞任することを明言した。

14日、ヤン・ヒョンソク代表はYG LIFEを通じて自身の進退について明らかにした。

ヤン・ヒョンソク代表の立場表明全文

ヤン・ヒョンソクです。

YGと所属芸能人を愛してくださるファンの皆さんに本当に申し訳ありません。

相次ぐ非難にも黙々と仕事をしているスタッフの皆さんにも心から申し訳なく思っています。

私は口にすることも恥ずかしく、恥辱的な言葉が無分別に事実のように話される今の状況について、忍耐を持ち耐えてきました。
しかし、これ以上は難しいようです。

これ以上、YGと所属芸能人、そしてファンに、私のせいで被害を与える状況は決してあってはならないと思いました。

私はこれまで23年間、私の人生の半分を全てYGを育てることに捧げてきました。

最高の音楽と最高のアーティストをサポートすることが、私にとって一番大きな幸せでしたし、私がファンと社会にお届けできる唯一の能力だと考えてきました。

しかし、私は本日付けでYGの全ての役職と全ての業務から辞任しようと思います。

私の愛するYG所属芸能人と彼らを愛してくださる全てのファンの方々に、これ以上私による被害を被る状況がないことを心から願っています。

現在、YGには私よりも能力があり、センスのある多くの専門家がいます。
私が辞任することが、彼らの能力をより一層発揮できる良いきっかけになるものと考えます。
一日も早くYGが安定することが、私が心から望む希望事項です。

最後に、現在のマスコミ報道および噂の事実関係は、今後の調査過程を通じて、全て真実が必ず明らかになるものと信じています。

ありがとうございます。

これに先立ち、元iKONのリーダー B.I(ハンビン)の麻薬疑惑を巡り、B.Iのカカオトークのチャット会話相手であるA氏ことハン・ソヒに供述を覆すようにヤン・ヒョンソク代表が強要したとKBS9ニュースが報道し、波紋が広がっていた。




ページ上部へ戻る