ベニー&アン・ヨンジュン、授かり婚を否定、結婚に踏み切ったきっかけは…?

「TAXI」アン・ヨンジュン&ベニーの写真

写真:tvN「現場トークショー TAXI」

歌手ベニーと俳優アン・ヨンジュンの二人が、ネット上で噂に包まれた授かり婚説を自らの口で否定した。

15日に韓国で放送されたtvNのトークバラエティ番組「現場トークショー TAXI」では、「お姉さんは、私の女だから」特集で、19日に結婚する予定の9歳の年の差カップル俳優アン・ヨンジュンと歌手ベニーが出演し、二人のラブストーリーを公開した。

番組で、ベニーとアン・ヨンジュンは、「結婚前に妊娠したのではないのか?」とMCのイ・ヨンジャに単刀直入に質問され、「絶対にない!」と断言した。
ベニーは、「私たちは、絶対に妊娠を先にするのはやめようと話していた。そのせいで結婚するのかと聞かれると、とても残念な気がした。他の理由ではなく、私たち二人が好きで結婚する姿を見せたかった」と結婚に対しての思いを語った。

そして結婚を決心したきっかけとして、アン・ヨンジュンの父親の影響が大きかったことを明らかにした。アン・ヨンジュンの父は今年初め、この世を去った。ベニーは、「亡くなったお義父さんに昨年に初めてお会いした。たった一度だけでお会いしたが、それが最初で最後だった。彼が席を外した時に、私の手をぎゅっと掴みながら、『私の夢はミュージシャンだった』とおっしゃった。『音楽をするあなたは、あまりにも美しい』と話してくださった。『私の息子を私がいない時、よろしくお願いします』とおっしゃってくださった」とアン・ヨンジュンの父とのエピソードを語り、「葬儀場でお義父さんの遺影写真を見て、約束を守らなければならないと思った」と告白した。

アン・ヨンジュンと歌手ベニーは、2011年に知人の集まりで初めて出会い恋人関係に発展、4年の交際を経て、19日にソウル・江南(カンナム)区にあるラマダソウルホテルで結婚式を挙げる。

ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません