カテゴリー:ソウルのエリア情報

  • 松江

    松江 約20年以上もの歴史を持つうなぎ専門店、松江。 うなぎには夏バテを防止するために必要な栄養素やミネラルが豊富に含まれており、日本では夏バテ防止食品として広く知られています。 しかしそれは韓国も同じで、夏の時期…
  • ドゥンジ食堂

    ドゥンジ食堂 2011年11月に「プンニョンチプ」として生まれ変わったドゥンジ食堂。 名前が変わった今でも、キムチチゲが絶品と有名だった「ドゥンジ食堂」の名前で広く知られています。 昔懐かしい座敷席メインの店内もが…
  • カナアンスーパー食堂

    カナアンスーパー食堂 食堂とスーパーを兼ねている一風変わった定食店。 ご飯とスープ、おかずを添えて出す韓国での一般的な定食を販売しています。 お母さんが家で心を込めて作ってくれたような、真心込もった料理を食べれると…
  • 麗水東村

    麗水東村 夏にはハモ、冬にはトリガイしゃぶしゃぶが人気の海鮮料理専門店。 名前の通り全ての食味は麗水市から直接仕入れているのが特徴です。 麗水市は全羅南道東部にある市で、2012年麗水国際博覧会が開催され広く知られ…
  • ソゴンドン・トゥッペギチブ

    ソゴンドン・トゥッペギチブ 1962年から長い間愛され続けてきた、歴史あるスンドゥブチゲ専門店。 スンドゥブとは純豆腐と書き、アサリや肉でダシをとり、ネギ、青唐辛子、豆腐、生卵を入れて作った韓国の代表的料理です。 …
  • フルヒャンギ

    フルヒャンギ 精神料理と朝鮮時代末期の宮廷料理の調理法が組み合わさっていることが特徴のフルヒャンギ。 ヒャンギとは「香り」の意味で、三成本店を元に漢南にも支店を出しました。 お客様の「健康」に害を与える材料を一切使…
  • ビストロソウル

    ビストロソウル 韓国の伝統的な味とモダンさを繋ぎ合わせた、誰にでも好まれるような雰囲気の韓国料理レストラン。 旬な食材を使った韓国料理と多彩な酒類を用意しているダイニングレストランです。 企画段階から世界に照準を合…
  • イェファラン

    イェファラン ギャラリーがある場所と言えば、仁寺洞や三清洞が思いつくところですが、新沙洞カロスキルもオススメしたいギャラリーがいくつかあります。 新沙洞では、レストランやバー、衣類だけではなくギャラリーも見逃せません…
  • ソレマウル

    ソレマウル 地下鉄3.7.9号線高速ターミナル駅から徒歩10分ほど歩くと、ソウルの中のフランスに出会えます。町の名前は「ソレマウル(ソレ村)」。フランス村やフランス通りなどとも呼ばれることがあります。 ソレマウルの中…
  • 盤浦漢江大橋

    盤浦 漢江大橋 ソウルの真ん中を流れる漢江(ハンガン)の周りに作られた漢江市民公園は、人々が休息や余暇をとる場として愛されています。その漢江市民公園の中でも一番大きな変化を遂げた場所が、盤浦大橋(バンポデキョ)と銅雀大…
  • セントラルシティ

    セントラルシティ セントラルシティは、瑞草区盤浦洞(ソチョグ・バンポドン)に位置し、ショッピングと休息時間を楽しめる多目的複合空間です。 地下鉄9号線、3号線、7号線と、地方都市を連結する高速ターミナルが入っている建…
  • サムスン・ディーライト(samsung d’light)

    サムスン・ディーライト(samsung d’light) サムソン・ディーライトは、瑞草洞(ソチョドン)のサムスン電子本社内の広報館です。ディーライト(d’light)とは、DigitalとLightの合成語で、「デジ…
  • 韓国刺繍博物館

    韓国刺繍博物館 韓国刺繍博物館は、朝鮮時代に女性達が生活していた「閨房(キュバン)」にて作られていた閨房工芸と呼ばれる工芸品が展示されている私設博物館です。 ホ・ドンファ、パク・ヨンスク夫妻が1960年代から集め始め…
  • 新沙洞 街路樹通り(シンサドン・カロスキル)

    新沙洞カロス通り(シンサドン・カロスキル) オシャレでかっこいいカフェやショップが立ち並ぶ新沙洞街路樹通り(カロスキル)は、地下鉄3号線新沙駅から徒歩ですぐ。 道の両脇にはイチョウの木が生い茂り、通りを優雅に演出して…
  • Media Pole(メディアポール)

    Media Pole(メディアポール) メディアポールは、江南駅から続く江南大路(カンナムデロ)上に設置された黒い柱(?)のようなもののことで、柱は全長12メートルで35メートル間隔に22個が並んでいます。 これらが…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る
Translate »