CRAYON POP、衣装盗作疑惑に続いて今度は曲の盗作疑惑が浮上!?「ルパン三世」とそっくりとの指摘が・・・!

CRAYON POPの写真
最近、衣装盗作疑惑が出たばかりのガールズグループCRAYON POP(クレヨンポップ)が、今度は日本の歌を盗作したのではないかとして議論の的になっている。

最近、CRAYON POP(クレヨンポップ)の新曲「Lonely Christmas」の最初の演奏部分が、日本の漫画「ルパン三世」の主題歌の前奏部分と酷使しているのではと指摘され、CRAYON POP(クレヨンポップ)に今度は曲の盗作疑惑が浮上し注目を浴びている。

現在、韓国の様々なオンラインコミュニティサイトでもCRAYON POP(クレヨンポップ)の「Lonely Christmas」のと「ルパン三世」のオープニング曲を比較するコメントが相次いで掲載されている状態だ。

これに対し、CRAYON POP(クレヨンポップ)所属事務所は突然の盗作疑惑の拡散に困惑の様子を見せてる。
所属事務所側は、3日、「(一部で報道された曲の盗作疑惑について)現在『Lonely Christmas』の作曲家と連絡を取っている。現時点では、盗作かどうかを主張しにくい状況」との立場を明らかにした。 「Lonely Christmas」の作曲家は、CRAYON POP(クレヨンポップ)の大ヒット曲「パパパ」を作曲したキム・ユミンだ。

韓国のネットユーザーは、「CRAYON POP(クレヨンポップ)、ルパン三世の曲がかなり似ている」、「早く公式の立場を聞きたい」、「聴いてる私が戸惑うほど似ている」、「この曲で活動すること、あるのかな」など、今後の推移に関心を寄せている様子を見せている。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »