元VIXX ホンビン、逮捕された20代の麻薬アイドル疑惑を否定&悔しさで怒りをにじませる

VIXX出身のホンビンが一部で出回った「麻薬で逮捕された20代のアイドル」ではないかという推測を否定し、悔しさと怒りをにじませた。

4日、ホンビンは自身のTwitchチャンネルを通じて「今日は放送休止です」としながら、疑惑の対象となったことに困惑と怒りを表した。

ホンビンは 「今日に限ってゴミ記者のせいで人気が高い。本当に記者がヒドすぎる」としながら「堂々と言える。僕は被害者だ。ちょっと悪口を言いたい」と怒った。

続いて「先月だけでも平均11時間の配信をしたのに、いつそれをやって座ってるっていうんだ。誰が麻薬を注射して理学療法を受けるるのか。めちゃくちゃ腹が立つ」と怒り心頭である様子を見せた。

この日、ソウル・蘆原(ノウォン)警察署が、20代の元アイドルの男性を薬物使用の疑いで逮捕したことを明らかにした。

マスコミ報道で逮捕された元アイドルの男性は2012年にデビュー、グループ解散後は歌手活動をしていないと伝えられ、2012年デビューで解散したグループ、そして現在歌手活動をしていないのは誰なのか関心が集中した。

そんな中、一部で2012年にVIXXのメンバーとしてデビューし、2020年に脱退したホンビンではないかという推測が出回ったのだった。

ホンビンは「前もそんな人間じゃないのにあんなことがあったじゃないか。重要なことでもいのに、(話が)膨らんでしまって。今回もまったく同じでそうなっている」と悔しさを吐露した。

VIXX脱退後、ホンビンは軍入隊をファンに知らせた。現在は動画配信者として活動中だ。

2017年に自身出演ドラマの来日イベントに出演したホンビン




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA