日プ2 古瀬直輝 辞退脱落で涙…「古瀬くん」トレンド入りで悲鳴に近いコメントが続々

古瀬直輝
「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」の古瀬直輝が活動参加を断念することが発表され、応援していたファンからは残念がる声が続出している。

6日、GYAO!で放送された「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」第5話で、古瀬直輝が今後の日プ2への参加を断念したことが発表された。

古瀬直輝は、合宿参加時に定期的に行われるPCR検査で引っかかったことから保健所の指示に従って隔離と経過観察が行われてきた。
10日間の隔離を経て、再度行われたPCR検査で陰性であれば合宿に参加する予定となっていたが、検査の結果は陽性だった。
そのため、翌日以降の番組収録参加に間に合わない状況となり、今後の番組参加を断念するに至った。

古瀬直樹は涙を見せながら、「順位発表式に間に合わせることができず、運営スタッフの方も様々な可能性を考えて下さったのですが、コロナ陽性という大きな壁に打ち勝つことができませんでした。今回はこのような形で皆さんの応援を裏切ることとなり、本当にごめんなさい」と自身を応援してくれたファンに謝った。

そして、「自分の可能性はまだまだ無限大にあると信じて僕は必ずこの苦難を乗り越えた姿でまた輝く古瀬直輝としてステージに立ちます。約束します。またいつか必ず僕を見つけて下さい」と気丈に語った。

古瀬直輝は、「PRODUCE 101 JAPAN」シーズン1にもエントリーしていたが、この時は残念ながら101人の中に残ることができなかった。
今回のシーズン2は、古瀬直輝にとってリベンジエントリーであり、相当の覚悟をもって挑んだ場だった。
成績も、49位、28位、20位、17位とトップ10入りも狙える位置まできたところでの不本意な事実上の辞退となった。

応援していたファンからは
「古瀬くんに投票したいのに・・・TT」
「本当に辛すぎる」
「お願い・・・古瀬くんに投票させて・・・」
「古瀬くんがいなくなるのは悲しすぎる」
と悲鳴に近いコメントが続々と書き込まれており、SNSでは「古瀬くん」がトレンド1位にランキングした。




ページ上部へ戻る