heyhey、JO1参加の東日本大震災復興支援スペシャルチャリティイベントに約4,000人が参加!売上100%の寄付完了


ファン・タレント・慈善活動3方向の架け橋となる次世代のソーシャルリターン型プラットフォーム「heyhey(ヘイヘイ)」において3月11日~31日にグローバルボーイズグループ“JO1 (ジェイオーワン)”参加の「JO1×heyhey スペシャルチャリティイベント」が開催された。

のべ約4,000人が参加し、集まった募金額約185万円の内、全額が東日本大震災の復興支援を行う公益財団法人 東日本大震災復興支援財団へ寄付された。

次世代のサプライズ&ソーシャルリターン型コミュニケーションプラットフォーム「heyhey」は、アメリカの4大タレントエージェントの1つCAAのメンバーとして、インドオペレーションのマネジングディレクターを務め、米国のみならずインドのエンターテインメント業界に強い影響力を持つグローバルCEOが、長年に渡る自身のタレントマネジメントの経験から着想を得たサービス。
現在インドと日本の2か国でリリースされている。

「heyhey」は、“タレントから自分にパーソナライズされたメッセージが欲しいファン”と、“ファンとのエンゲージメントを高めたいタレント”をマッチングさせることで、慈善活動も実現するサプライズ&ソーシャルリターン型コミュニケーションプラットフォームサービスだ。

東日本大震災から10年が経過する今年「JO1×heyhey スペシャルチャリティイベント」が実施された。

イベント期間中にheyheyで一律¥500(税込)で応募者全員にJO1からのメッセージを届け、発生した売上100%を寄付すると発表、多くの人が参加し、約4,000件のリクエストにより集まった募金額約185万円全額が東日本大震災の復興支援を行う公益財団法人 東日本大震災復興支援財団に寄付完了となった。

チャリティイベントの開始と共に、SNS上では

「今まで支援したくても中々機会がなかった。 JO1のおかげで機会が出来たことに感謝」
「応援しているJO1を通して、 少しでも被災地の力になれて嬉しい」
というJO1への感謝のコメントや、
「“アーティストの推し活動”を通して新しいカタチでの募金活動があるという発見になった」
などheyheyのプラットフォームを通した社会との新しい関わり合い方を知る機会になったとの声が多数寄せられた。

heyheyのプラットフォーム上のファンからJO1へのメッセージには、震災当時の自分自身の心境やエピソードなど、それぞれの想いとJO1への温かい言葉で溢れた。

寄せられたメッセージは、JO1メンバーへも直接届けられ、彼らのひたむきな活動の背中を押す一助となった。

JO1×heyhey スペシャルチャリティイベント開催コメント動画




ページ上部へ戻る