元KARAジヨン(カン・ジヨン)、スウィートパワー女性社長からセクハラ被害疑惑?文春報道に注目集まる

知英
元KARAのジヨン(カン・ジヨン)がスウィートパワーを辞めた理由は、女社長によるセクハラが原因だったと文春オンラインが伝え、ファンの間で困惑が広がっている。

1日、文春オンラインは、「ジヨンがスウィートパワーを辞めた本当の理由」として、ジヨンの熱烈なファンだった女社長によるセクハラ疑惑があると報道した。

女優活動に強い関心を持っていたジヨンは、2014年6月に日本デビューの可能性が報じられた。

2014年にDSPメディアとの契約を満了したジヨンは、KARA(カラ)を脱退し、ロンドンに語学研修と演技のために留学した。

当時のジヨンパパのコメント

ジヨンとニコルの脱退で心配をかけたファンに謝罪したKARAのハラ、スンヨン、ギュリ

この報道の2ヶ月後となる2014年8月にジヨンは、スウィートパワーと契約を結んだ。

文春オンラインの報道では、

(ジヨンの)元KARAの肩書も封印し、名前も変えさせた

と書かれているが、ジヨンは日本での活動に当たり、漢字表記の名前「知英(ジヨン)」に芸名変更し、9月には「第19回 東京ガールズコレクション2014 AUTUMN/WINTER」のランウェイに立った。

続く、同年10月からは日本テレビのドラマ「地獄先生ぬ~べ~」に出演、2015年には初のFMレギュラー番組を持つなど、ジヨンは日本での活動を本格化させていった。

その後、音楽活動を通じ「知英(ジヨン)」ではなく、「JY(ジェイワイ)」の名前を使うことを発表、シングルアルバムもリリースしている。

ジヨンは、自身の夢だった女優として活躍し、様々な映画や舞台に出演した。

先月9日に、ジヨンとの窓口業務解消が発表された際、スウィートパワーは「来日の機会がなかなか作れないという予期せぬ事態により、韓国での活動に注力することに決めた」とその理由を説明していた。

文春オンラインは、

彼女が辞めた「本当の理由」にも向き合う必要がある

と伝えたが、この報道にネットユーザーからは
「本当だったらジヨンさんが可哀想過ぎる・・・」
「セクハラとパワハラ、事実なら訴えて良いレベル」
「コロナ禍が終わったら、また日本のドラマや映画に出演してほしい。他の日本の芸能事務所で」
「ハラちゃんが所属していたキーイースト。ジヨンちゃんをきちんと守ってあげて」
などのコメントが寄せられている。

キーイーストが事実無根と文春報道を否定




ページ上部へ戻る