元KARAジヨン所属事務所のキーイーストがセクハラ疑惑報道を事実無根と否定

カンジヨン

写真:ジヨンのInstagram 夜食男女で共演のチョン・イルの姿も

元KARAジヨンの所属事務所であるキーイーストが、週刊文春のセクハラ疑惑報道について事実無根であると明らかにした。

1日、週刊文春はジヨンが所属していたスイートパワーを辞めた本当の理由は、女社長によるセクハラが原因だったと報道した。

ジヨンはKARA脱退後、スイートパワーと契約を結び、知英の名前で女優として活動した。
スイートパワーには、過去キム・テヒも所属したことがある。

先月、スイートパワーは、知英との日本マネジメント業務を解約した事実を発表した。

週刊文春は、ジヨンがスイートパワーの女社長からセクハラ行為を受け、契約を解除したと伝えた。

韓国でも週刊文春のニュースは「女社長によるセクハラ被害?」「日本の所属事務所社長からストーカー被害か?」などと報じられた。

ジヨンの所属事務所であるキーイーストは、週刊文春の報道内容について「全く事実無根で、ジヨンとは関係のない話」と一蹴した。

ジヨンは昨年、JTBCドラマ「夜食男女」でチョン・イルと共演し、女優としても人気を集めている。




ページ上部へ戻る