BTOB イルフン 麻薬容疑で警察に摘発、所属事務所が公式に謝罪

イルフン

写真”チャンネルA「ニュースA」

BTOBのイルフンが麻薬容疑で警察に摘発されていたことが明らかになった。

21日、チャンネルAのニュース番組「ニュースA」が、「イルフンが常習麻薬容疑で警察に摘発されたことが確認された」とし、「捜査網を避けるため、イルフンは現金ではなく仮想通貨を使って薬物を購入した」と報道した。

警察は、共犯者の供述や口座の追跡調査をもとに、イルフンが4、5年前から昨年にかけて知人とともに、複数回、大麻を吸っていたことを確認。イルフンの毛髪からも麻薬成分が検出され、警察は今年7月にイルフンを検察に送致したという。

5月28日に入隊したイルフンは、現在、社会服務要員として軍生活を送っている。

警察の捜査中に入隊したことについて、チャンネルAは「警察が検察に引き渡す直前に(イルフンが)入隊した」とし、入隊を隠れ蓑に使ったのではないかとの疑惑を提起した。

これを受け、所属事務所のCUBEエンターテインメントは、「イルフンの麻薬摘発について全く知りませんでした」とし、「当初、入隊予定は3月でしたが、コロナで延期になりました」と釈明をした。

しかし、その後「本人に確認した結果、チョン・イルフンは報道にあった通り、大麻を吸引した疑いで捜査機関に召喚され、調査中であることが確認されました」と公式の立場を伝えた。

そして「多くの方々にご心配をおかけしたことにつき、重い責任を感じ、今後の調査にも誠実に臨むよう、最後まで任務を全うします」とし、「多くの方々にご心配をおかけして申し訳ございません」と謝罪した。

2016年来日時のBTOB取材レポ

今から4年前、「Melodyと一緒に楽しい思い出を作りたいですね」と語っていたイルフン…。

2017年来日時のBTOB取材レポ




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません