自宅待機指示に背き日本旅行のバレエダンサー、韓国国立バレエ団を解雇に

ナデハン

写真:Mnet「Somebody(サムバディ)」

韓国国立バレエ団所属のバレエダンサー ナ・デハンが、解雇処分を受けた。

国立バレエ団は、先月14日と15日、大邱(テグ)市内のオペラハウスで「白鳥の湖」の公演を開催、大邱・慶北地域での新型コロナウィルスの感染が急速に広まったことを受け、2月24日から3月1日までの1週間、国立バレエ団所属の団員とスタッフに自宅待機を指示した。

しかし、この期間中にナ・デハンは恋人と一緒に日本に旅行に行っていたことが自身のSNSへの投稿から発覚し、大バッシングを浴びることになった。

国立バレエ団は事態を重く見て、公式に謝罪文を出し、後日厳重な処分を下す予定であるとの立場を明らかにしていた。

16日、国立バレエ団はナ・デハンの解雇を発表した。
また、別の2名の団員についても自宅待機の指示を破り、特別講義を行ったとして、それぞれ停職3か月と1か月の懲戒処分を下した。

解雇処分は、国立バレエ団史上初であり、この日、韓国のリアルタイム検索語にはナ・デハンの名前がランク入りした。




ページ上部へ戻る