韓国全国の小・中・高校の新学期をさらに2週間延期、始業日は4月6日に

写真:教育部公式サイト
ユ・ウンフェ社会副首相兼教育部長官

韓国全国の小・中・高校の新学期の開始がさらに2週間延期となり、本来3月2日から開始であった新学期は、4月6日からスタートすることになった。

17日午後2時、ソウル庁舎でブリーフィングが行われ、ユ・ウンフェ社会副首相兼教育部長官が「2020年度新学期の始業日は、3月23日から4月6日に2週間、追加で延期します」と明らかにした。

新学期延期発表はこれで3回目となる。

3月2日に2週間の追加延期を発表

2月23日に1週間の延期が発表

始業日については、想定よりも事態が早く落ち着いた場合には、予定よりも早く始業することもあるが、逆に事態が改善されない場合にはさらに延期になる可能性もあるとした。

4月6日に新学期始業となれば、本来より5週遅れでの始業となる。




ページ上部へ戻る