【速報】韓国、新型肺炎の危機警報を最高レベルの「深刻」に引き上げ、開校は1週間延期に

青瓦台

写真:韓国大統領府 青瓦台

23日、文在寅大統領は、新型コロナウイルス感染症について、政府の危機警報段階を現在の「警戒」から最高レベルの「深刻」に引き上げることを発表した。

前日の22日には、汎学会コロナウイルス感染症対策委員会(大韓感染学会、大韓感染管理看護士会、大韓結核・呼吸器学会、大韓小児感染学会、大韓予防医学会、大韓応急医学会、大韓医療関連感染管理学会、大韓臨床微生物学会、大韓重患者医学会、大韓抗菌療法学会、韓国疫学会が参加)が、新型肺炎の伝染力は速く危機段階を「深刻」に引き上げるべきと勧告していた。

また同日、アメリカの国務省は日本と韓国への渡航警戒レベルを4段階のうち下から2番目に当たるレベル2の「注意強化」に引き上げていた。

韓国の新型コロナウイルス感染者状況は、23日午前9時の発表時で感染者数556人、死亡者数4人となっている。
(追記:23日午後16時発表では感染者数602人、死亡者数5人)

2015年のMERSの時の韓国

MERSの時は完全終息の後に延期になったことも…




ページ上部へ戻る