アシアナ航空、日本便を全便欠航に…日韓関係はどうなる?不安の声も

アシアナ航空

アシアナ航空

韓国の大手航空会社であるアシアナ航空は、9日~31日までの間、日本路線を全便欠航することを発表した。1990年の就航以来、30年にして初めての運行中断となる。

6日、アシアナ航空は、日本政府による韓国からの入国制限強化措置を受け、今月9日~31日までの間、日本便を全便欠航することを発表した。

アシアナはこれまで、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、日本路線を縮小、8路線で運航してきた。

日本政府は、9日午前0時より韓国と中国からの入国者の2週間待機と査証停止とともに、航空機の到着空港を成田国際空港及び関西国際空港に限定することを決定し、まずは3月末日までの間実施すると発表していた。

アシアナ航空はこの期間に合わせて全便欠航という決定を下したことになる。

また、韓国最大手の大韓航空は、今月9日~28日までの間、12都市を結ぶ17路線のうち、週7便の仁川~成田便を除く便を欠航する。

さらに、LCCのチェジュ航空は、仁川~成田便と仁川~大阪便を除く全便を9日より欠航、ティーウェイ航空は日本便を全便欠航する。

6日、韓国政府は日本人のビザ免除停止などを発表しているが、「対抗措置」という表現に「向かうべき方向を間違っている。対抗すべきはコロナウィルスなのに…」との声も上がっている。また、次々と日々動く状況に、日韓それぞれに滞在する日本人、韓国人は不安を感じている状況だ。




ページ上部へ戻る