外務省が 韓国 慶尚北道 安東(アンドン)市の感染症危険レベルを引き上げ【2020年03月04日付で】

外務省海外安全ホームページ

外務省は、4日夜、韓国の慶尚北道に位置する安東(アンドン)市の感染症危険レベルを引き上げた。

4日、外務省は、安東(アンドン)市においても感染者が引き続き増加しており、1万人当たりの感染者数も極めて高い状況にあるとして、感染症危険レベルを「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」から「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」に引き上げた

今月2日に外務省は、慶尚北道のうち、慶山(キョンサン)市、永川(ヨンチョン)市、漆谷(チルゴク)郡、義城(ウィソン)郡、星州(ソンジュ)郡、軍威(グンウィ)郡を、既に「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」に指定していた大邱広域市及び慶尚北道清道郡と同じレベルに引き上げ、それ以外の慶尚北道内に所在する市・群については「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」に危険度を引き上げていた。

4日までに、外務省は
大邱広域市及び慶尚北道慶山市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡、清道郡、軍威郡、安東市に対しては、「感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告)」、

慶尚北道全域(慶山市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡、清道郡、軍威郡及び安東市を除く)に対しては、「感染症危険情報レベル2(不要不急の渡航自粛を勧告)」、

韓国全土(上記、大邱広域市及び慶尚北道を除く)に対しては、「感染症危険情報レベル1(十分注意してください)
を発出している。




ページ上部へ戻る