iKON、ニューアルバムにB.I(ハンビン)の自作曲収録!YGは「長い間悩んだ末決定」と説明

写真:YGエンターテイメント

6人組として活動するグループiKON(アイコン)が、ニューアルバムに脱退したB.I(ハンビン)の自作曲を収録することを明らかにした。

YGエンターテインメントは29日、「ニューアルバム『i DECIDE』は当初2019年半ばの発売を目標に、2019年初めにレコーディングが完了したアルバムでした。しかし、昨年半ばにグループのリーダーでありプロデューサーだったB.Iが脱退したため、新曲発表計画が無期限延期となりました。会社は完了している制作物をどうするか慎重に考えてきました」とこれまでの経緯を説明した。

YGエンターテインメントは様々な検討を経て最終的にiKONのカムバックがこれ以上延びないよう、B.Iが作っていた歌をアルバムに収録することに決めた。

韓国動画まとめ

「B.Iが作詞・作曲に参加した曲をすべて排除し、新曲をいちから準備し直す方法も検討しましたが、iKONのカムバックと空白が長引きかねないという憂慮と短所を考慮せざるを得ませんでした」とその理由を伝えた。

また、「B.Iが参加したパートをすべて外し、新たなメロディーを入れる案もありました。これも既に出来上がった曲で各パートを消化したメンバーの順序やバランスが縺れあい、6人のパートや順序を新たに決め直して最初からレコーディングする過程を経なければなりませんでした。メンバーと弊社は長い間悩んだ末に、全て活用する方向に決めました」とその事情を明らかにした。

YGエンターテインメントは、「B.Iの単独作曲ではなく、YG内部の作曲陣と共同作業した作品であること、また準備期間中にiKONメンバーの努力と愛情が込められた曲ということを鑑みて、修正して使用することにし、他のメンバーの作曲参加を呼びかけることで、今回のニューアルバムに初めて作曲家として名を連ねることになった他のメンバーの新曲を追加しました」とニューアルバムのトラックについて説明した。
そして今後もiKONへの熱い支援を約束した。

iKONは2月6日にカムバックする予定で、全5曲の新曲が盛り込まれたニューミニアルバム「i DECIDE」を発売する。

B.Iのカムバックを期待していたファンからは残念がる声も上がっているが、B.Iの曲が収録されるという点で楽しみだというコメントが多数SNSに書き込まれている。

1月にハンビン(B.I)の自作曲が電撃公開されファンは興奮していた




ページ上部へ戻る