イム・シワン、多くのファンに出迎えられ本日除隊!復帰作「他人は地獄だ」に関心集まる

イム・シワン

イム・シワンが軍服務を終了し本日、ファンのもとに戻ってきた。

27日、イム・シワンは、京畿道(キョンギド) 楊州(ヤンジュ)市25師団新兵教育大隊にて除隊を迎えた。

2017年7月11日に入隊したイム・シワンは、約20か月間の軍服務を無事に終了した。除隊の現場には多くのマスコミとファンが集まり、イム・シワンの除隊を祝った。

イム・シワンの所属事務所であるPLUMアクターズは「当日、新兵修了式も行われる関係上、他の兵士と家族に被害を及ぼさないために紺岳山(カマクサン)会館で除隊のご挨拶をする予定だ」と伝えていた。

イム・シワンは集まったファンに向かって敬礼し「まだ実感できない。明日寝坊して起床のサイレンが聞こえなければ除隊したなぁという実感が湧くのではないだろうか」と除隊の感想を述べた。

軍生活での特別な経験としては、プンオッパン(韓国式たい焼き)を焼いて訓練兵に分けたことが自分にとって意味があり、面白く、記憶に残っていると語った。

そして、幹部や同期など周囲の人々のおかげで軍生活を無事にできたと感謝の気持ちを表し、軍生活中、除隊後の復帰作であるウエブ漫画「他人は地獄だ」のキャラクターによく似合うと言われていたが、そのドラマに出演することになったのが不思議な感じがするとコメントした。

この日、イム・シワンは待ってくれたファンのために、コーヒーカーを準備、ファンへの愛を示し注目を集めた。

イム・シワンの除隊後初となる復帰作は、OCNドラマ「他人は地獄だ」で、今年下半期の韓国での放送スタートが予定されている。
同作でイム・シワンは、就職のためにソウルに上京し考試院(コシウォン)生活を開始する青年ユン・ジョンウ役を演じる予定だ。




ページ上部へ戻る