VAV、22日「ミュージックバンク」に出演、新曲 「THRILLA KILLA」を披露

写真:A TEAMエンターテインメント

グローバルホットルーキーVAV(ブイエイブイ)が、KBS2の音楽番組「ミュージックバンク」に出演し、本格的なカムバック活動を開始した。

今月19日に4枚目のミニアルバム「THRILLA KILLA」をリリースしてカムバックしたVAVは、22日に放送された「ミュージックバンク」で地上波復帰ステージを披露した。

昨年10月に発表したシングル「Senorita」以来、約4ヵ月ぶりに公開する新曲「THRILLA KILLA」をリリースして電撃カムバックしたVAVは、今回のアルバムを通じてさらに男性美あふれる挑発的な魅力を見せた。

今回のアルバムには、VAVのメンバーの初めてとなる自作曲やヒット曲「メーカーライオン・チョン」とスウェーデンの有名プロデューサーHitmanicがプロデュースしたタイトル曲まで、VAVならではの音楽カラーを感じさせるトラックが収録されている。

「ミュージックバンク」で公開したタイトル曲「THRILLA KILLA」は、誰も自分の魅力から逃れることができないほどに「致命的で魅力的な人」という意味が込められた曲だ。印象的なサウンドとVAVのオムファータルな魅力がマッチして、女性ファンを虜にしている。

ミニアルバムリリースからわずか2日目にして、合計12カ国のiTunesアルバムチャートでTOP10入りするなど、グローバルな人気を集めている。

VAVはタイトル曲「THRILLA KILLA」で各種音楽番組に出演し、カムバック活動を続ける予定だ。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る