VAV、日本アンコールファンミーティング「2020 Meet and Live in Japan PREMIUM CONCERT」を大盛況に終える

写真:A TEAMエンターテインメント

グループVAV(ブイエイブイ)が日本のファンを魅了した。

VAVは1日、東京で「2020 Meet and Live in Japan PREMIUM CONCERT」を開催し、日本のファンと楽しいひとときを過ごした。

プレミアムコンサート形式で開催されたVAVのファンミーティングは、昨年9月に続いてファンの熱いリクエストにより開催が決まったアンコール公演で、今回もやはり生でしか見ることのできない生動感あふれる舞台と充実した舞台構成でファンを魅了した。

今回のファンミーティングは2回公演で行われ、VAVのメンバーは5thミニアルバムのタイトル曲「POISON」から「119」「ABC」など、世界中のファンから愛された代表曲のステージを相次いで披露した。

また、日本公演当時、ファンと約束した7人完全体バージョンの「Thrilla Killa」の舞台を初公開し、熱い反応を浴びた。

華やかなステージだけでなく、アイマスクをしてのメンバー当て、ピコピコハンマーゲームなど、様々なゲームプログラムを準備し、ファンに特別な思い出をプレゼントした。

公演関係者は、「日本のファンの反応が本当に良かったです。オールスタンディングで公演を観覧したファンは、VAVの情熱的な公演に熱のこもった応答と歓声で応えてくれました」と熱く盛り上がった公演会場の様子を伝えた。

VAVは現在、全米大陸を横断するグランドツアーの準備に取り組んでいる。




ページ上部へ戻る