タグ:市庁/光化門スポット

  • オーレ・スクエア

    オーレ・スクエア オーレ・スクエアは、韓国の電話会社、KT社屋1階と2階にある公演会場で、光化門にある教保文庫(キョボムンゴ)のそばにあります。 ここでは、「メセナ(Maecenat)活動」で毎晩1,000ウォン…
  • 清渓川(チョンゲチョン)

    清渓川(チョンゲチョン) 清渓川は、鐘路区(チョンノグ)と中区(チュング)を流れる10.84kmの河川です。この清渓川には多くの歴史と、清渓川とともにしてきた市民たちの話がが濃縮されています。 600年前の朝鮮建…
  • 貞洞道(チョンドンキル)

    貞洞道(チョンドンキル) 徳寿道の横に石垣の壁で続く通りから貞洞道までは、ゆっくりと散歩をするのに適している通りとして有名です。 周辺には徳寿宮をはじめとして、旧ロシア公使館やチョンドン境界など、近代初期にいたるまで…
  • 徳寿宮

    徳寿宮 徳寿宮(トクスグン)は、元々は朝鮮王朝時代に王族である月山大君(ウォルサンデグン)が住んでいた個人邸宅でした。彼が亡くなって104年が過ぎ、その後、豊臣秀吉が引き起こした文禄の役(壬辰倭乱)により法宮であった景…
  • 国立民族博物館

    国立民族博物館 景福宮(キョンボックン)の中に位置する国立民族博物館は、昔から現在までの韓国人の生活文化を、直接見ることができる教育空間です。 「韓民族生活史」、「韓国人の日常」、「韓国人の一生」からなる3つの常設展…
  • 景福宮 守門将交代儀式

    景福宮 守門将交代儀式 景福宮では、弘禮門前で毎日10時から16時まで、定刻ごとに守門将交代儀式の再現が行われます。 当時王宮を守った守門将の節度ある姿を見られることが出来ます。儀式は10分ほどで撮影も可能です。 …
  • 景福宮

    景福宮 ソウルの観光名所として有名な景福宮(キョンボックン)は、ソウル5大宮の中で一番規模が大きく、朝鮮の建国と共に建てられた初の宮廷であり法宮でした。 壬辰倭乱で全焼するまで朝鮮最高の宮廷でしたが、戦乱が終わる…
  • ソウル歴史博物館

    ソウル歴史博物館 慶熙宮の跡地に位置したソウル歴史博物館は、2002年に設立された国内唯一の都市歴史博物館です。首都ソウルの歴史と生活史、都市発達史を中心に常設展示室、企画展示室、寄贈寄託室などで構成されていて朝鮮時代…
  • 慶熙宮裏通り(キョンヒグン ティッキル)

    慶熙宮裏通り(キョンヒグン ティッキル) 慶熙宮裏通りには、騒々しいソウルを飛び出したかのような静かな空間が待っています。 慶熙宮の敷地内に位置するソウル歴史博物館の横にある「ミロスペース」という映画館から、省谷美術…
  • ソウル広場

    ソウル広場(ソウルクァンジャン) ソウル市庁前に広がるソウル広場は、以前は複雑に混み合う道路でした。しかし、2002年6月、ワールドカップが開催され市庁前に赤い悪魔達が一斉集合すると共に、道路がなくなり2004年5月に…
  • 光化門広場(クァンファムン クァンジャン)

    光化門広場(クァンファムン クァンジャン) 韓国で最も尊敬されている将軍<李舜臣(イ・スンシン)将軍>と、朝鮮王朝第4代国王でありハングルを創製した<世宗大王(セジョンデワン)>の銅像が印象的で、広場の両サイドは大通り…
  • 青瓦台サランチェ(チョンワデ・サランチェ)

    青瓦台サランチェ(チョンワデ・サランチェ) 青瓦台サランチェは、韓国とソウルの過去と現在、そして未来へのビジョンを共有することが出来る歴史記念館です。以前は、「ヒョジャ洞サランバン」という青瓦台広報館でしたが、大規模補…
  • 青瓦台(チョンワデ)

    青瓦台(チョンワデ) ソウル市の北岳山(プガクサン)の麓に位置している青瓦台(チョンワデ)は、大韓民国の大統領官邸です。 執務室、接見室、会議室、住居室などがある本館と、秘書室、警護室、春秋館、迎賓館などがある付属物…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る
Translate »