新ドラマ「ここに来て抱きしめて」主演俳優にスジ&ナム・ジュヒョクが候補に

新ドラマ「ここに来て抱きしめて」の主演俳優のキャスティングに大きな話題と注目が集まっている。

31日、韓国メディアは、「missA(ミスエイ)出身で女優のスジと俳優ナム・ジュヒョクが、MBCの新ドラマ『ここに来て抱きしめて』の主演候補にあがっている」と報道した。

これに対して同日、MBCは、「(ナム・ジュヒョクとスジに対して)出演オファーを出したという報道は合っている。現在、協議中だ」との公式の立場を明らかにした。
ただしソ・イェジについては、「正式にオファーをした事実はない」と否定した。

ドラマ「ここに来て抱きしめて」は、過去のある殺人事件によって交錯した運命を送ることになった男女を描く作品。
MBC「帝王の娘 スベクヒャン」を共同演出したチェ・ジュンベプロデューサーの新作で、スジ、ナム・ジュヒョクが主演有力候補であることが明らかになり、ドラマに対する注目度が一気に高まっている。

スジは、昨年SBSドラマ「あなたが眠っている間に」でイ・ジョンソクと共演、同ドラマではナム・ホンジュ役を演じて、より成長した演技力で好評を得た。
一方のナム・ジュヒョクは、tvN「ハベクの新婦」で主演ハベクを演じ人気を集めた。

▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »