ジュンス率いるFC MENが3連勝!「FC MEN韓国 VS Love me JAPAN」取材レポート!

XIAキム・ジュンス率いる韓国芸能人サッカーチーム「FC MEN」と、占い師で、よしもと所属のLove Me Do率いる日本チームがチャリティーマッチFIGHTING HERO FC MEN JAPAN「FC MEN韓国VS Love me JAPAN」が9月21日(月・祝)に横浜スタジアムにて開催した。
今回のチャリティーマッチは売り上げの一部がネパール大震災復興支援活動への役立てるとのことで、3年ぶりとなりの日韓対戦となった。

開会式では白竜が開会宣言。国家斉唱には、日本から故・元キャロルジョニー大倉の長男、ケンイチ大倉と坂本つとむのユニット「ツトケン」、韓国からは、俳優でもありHIPHOP界のスーパースターとして人気のヤン・ドングンが歌声を披露した。

FCMEN試合_1

FCMEN試合_2

FCMEN試合_3

FCMEN試合_4

FCMEN試合_5

FCMEN試合_6

FCMEN試合_7

FCMEN試合_8

韓国FC MENには、団長のキム・ジュンス(XIA)ほか、BEASTのユン・ドゥジュン、イ・ギグァン、大国男児のカラム、パク・コニョン、ヒョヌ、イ・シガンなどの俳優陣やアーティストたちが参加。一方、日本のLove me JAPANは団長のLove Me Doのほか、元日本代表の秋田豊、元なでしこJAPANの小林弥生、タレントのJOYなど、風水をもとに選んだという強豪メンバーを揃えて望んだ。

FCMEN試合_9

FCMEN試合_10

FCMEN試合_11

FCMEN試合_12

FCMEN試合_13

FCMEN試合_14

FCMEN試合_15

FCMEN試合_16

試合開始早々、Love me JAPAN側にがっちりマークされるFC MENジュンス。積極的に攻め合う両チームだが、ジュンスにチャンスボールが渡ると会場からは一気に大歓声が沸き、シュートを狙うが相手の固いディフェンスに阻まれてしまう。そんな中、前半17分、22番キム・ウンフが咄嗟にゴールを決め、早くもFC MENが先制、そのまま前半が終了。前半足を痛めてしまったジュンスは、ハーフタイムでアイシングをしている光景がモニターに映し出された。
そして後半がスタート、両者一歩も譲らずの攻防戦となり激闘の末、1点を守り抜いたFC MENが3年ぶり通算3度目の勝利となった。

FCMEN試合_17

FCMEN試合_18

FCMEN試合_19

FCMEN試合_20

FCMEN試合_21

FCMEN試合_22

FCMEN試合_23

FCMEN試合_24

FCMEN試合_25

表彰式では、ベストプレイヤー賞に選ばれたジュンスは、足を引きずりなが登壇し「本当はベストプレーをしてもらった賞ではなくて、今日はケガしたのに頑張ったということでありがとうございます。(笑)メンバーみんなが頑張ってくれて勝てて嬉しいです」と照れながらコメント。MVPに輝いたのは唯一ゴールを決めたキム・ウンフ。「本当にいい気分でした」と短いコメントで喜びを表現した。そして勝利チームFC MENへの表彰で再び表彰されたジュンスは、「また勝ちましたね。本当にFC MENのメンバーみんなが頑張ってくれて3回連続勝利したと思います。でもまたLove me JAPANと、これからも一緒にやっていきたいと思います」と再対戦への意欲を語った。

今回の大会では、キックオフ前の練習風景が一般公開されたり、サイン会や最後にはメンバーのサインボールなどが当たる抽選会や、メンバーがファンの近くまで挨拶をして回るなど、一日ファンと楽しめるイベントとなった。

FCMEN試合_26

FCMEN試合_27

FCMEN試合_28

FCMEN試合_29

FCMEN試合_30

FCMEN試合_31

FCMEN試合_32

FCMEN試合_33

FCMEN試合_34

FCMEN試合_35

FCMEN試合_36

FCMEN試合_37

FCMEN試合_38

FCMEN試合_39

FCMEN試合_40

FCMEN試合_41

FCMEN試合_42

FCMEN試合_43

FCMEN試合_44

FCMEN試合_45

<表彰式 各受賞者>
ネパール大震災復興支援活動へ募金寄贈  ユン・ドゥジュン(FC MEN)より

フェアプレイ賞 秋田豊(Love me JAPAN)
ベストプレイヤー賞 キム・ジュンス(FC MEN)
敢闘賞 JOY(Love me JAPAN)
MVP キム・ウンフ(FC MEN)
勝利チーム賞 「FC MEN」団長キム・ジュンス

取材日:2015年9月21日(月・祝)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »