「池上彰 緊急スペシャル!」女子高生インタビュー字幕の捏造疑惑騒動でフジテレビが謝罪

池上彰の冠番組であるフジテレビ系列の番組「池上彰 緊急スペシャル!」で女子高生の字幕テロップは捏造ではないかとの疑惑が浮上し、炎上していた問題でフジテレビが公式に謝罪した。

問題視されたのは、6月5日夜9時放送分の「池上彰 緊急スペシャル!知っているようでよく知らない韓国のナゾ!」。
韓国人のインタビュー映像が流れる際、韓国人女子高生は笑顔で

문화가 너무 많아요.그리고 외국인이 정말 많이 방문해주는 것 같애요
文化がとても多いです。それから外国人が本当にたくさん訪れてくれるようですね

と言っているにも関わらず、「嫌いですよ。だって韓国を苦しめたじゃないですか」と、まったく本人の発していない反日コメントが画面の字幕テロップに出たのだった。

この他にも街頭インタビューでは、

80代男性「日本は悪」
60代女性「韓国人はみんな日本人が嫌いだと思うわ」
30代男性「日本人には良い人もいますが、国としては嫌いです」

というコメントが放送されたが、いずれも吹き替えのため肉声がほとんど聞き取れない状態。ただ、女子高生の一言も発していないコメントが字幕として出た問題があったことから、他の3人も字幕通り「日本が嫌い」とコメントしたかどうかは不明だと指摘された。

韓国語が分かる人が聞けばすぐに分かるレベルの簡単なコメントで、翻訳の字幕入力ミスとはとても言えないレベルの字幕。そのため、ネット上は大炎上し、ネットニュースでも多数取り上げられることとなった。

最終的にフジテレビは番組ホームページを通じて、女子高生と30代男性のコメントについて「編集作業でのミスに加えて、最終チェックが不十分であった」と釈明するとともに謝罪したが、一時は「韓国ドラマゴリ押し」と嫌韓派からの批判を浴びていたフジテレビであったこともあり、今回の騒動で「反日・嫌韓路線に舵を切ったのか」「節操がない」「報道は中立じゃないとマズイんじゃないの?」と大きな批判を浴びている。

以下はフジテレビの謝罪文
インタビューの別の部分では実際に発言している、とあるが・・・。

お詫び

6月5日に放送した金曜プレミアム「池上彰 緊急スペシャル!」において、韓国の方に日本についてインタビューしているVTRで、2カ所合わせて約10秒、翻訳テロップ並びに日本語吹き替えナレーションの内容と異なる映像を、誤って使用していたことが分かりました。

(1)女性がインタビューに答えるシーン
「嫌いですよ、だって韓国を苦しめたじゃないですか」と、答えている部分で、誤って、韓国を好きな理由について話している、「文化がたくさんあります。だから、外国の人がたくさん訪問してくれているようです」という映像部分を使用していました。この女性は、インタビューの別の部分で、実際に「日本が嫌いです」と答えています。

(2)男性がインタビューに答えるシーン
「日本人にはいい人もいますが、国として嫌いです」と、答えている部分で、誤って、「過去の歴史を反省せず、そういう部分が私はちょっと…」と話している映像部分を使用していました。この男性も、別の部分で実際にこのように発言しています。

いずれも、編集作業でのミスに加えて、最終チェックが不十分であったため、誤った映像を放送してしまいました。
視聴者の皆様、インタビューにご協力いただいた方々、並びに関係者の皆様にお詫び申し上げます。今後はこのようなことがないよう再発防止に努めてまいります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »