第35回東京国際映画祭にシム・ウンギョンが審査委員として登壇!3年ぶりのレットカーペット開催でにぎやかな熱気

©2022 TIFF

10月24日(月)東京ミッドタウン日比谷にて第35回東京国際映画祭が開幕した。初日には3年ぶりに東京ミッドタウン日比谷のステップ広場周辺で、オープニングイベントのレッドカーペットが行われ、コンペティション審査委員として、日韓で活躍する女優のシム・ウンギョンが登壇した。他にも豪華なゲストを迎え華やかに開催され、集まったマスコミと久しぶりの有観客とあってにぎやかな熱気に包まれた。

©2022 TIFF

終盤、コンペティション審査委員の一員として、ブラックのパンツスタイル登壇した、シム・ウンギョンは、審査委員長のジュリー・テイモアの映画に込めるメッセージに、じっと耳を傾けて、沢山の映画ファンに手を振っていた。

他にフェスティバ ル・アンバサダーの橋本愛をはじめ、「月の満ち欠け」の大泉洋、柴咲コウ、「あちらにいる鬼」の広末涼子、寺島しのぶ、豊川悦司、「あつい胸さわぎ」から常盤貴子、前田敦子、「わたしのお母さん」の井上真央、「母性」では戸田恵梨香、永野芽郁など、俳優やゲストが次々ステージに登場。豪華な顔ぶれと、女優陣の華やかな衣装でレットカーペットを盛り上げた。
最後に登場したのは、オープニング作品の「ラーゲリより愛を込めて」の二宮和也が登壇し映画祭への思いを語り締めくくった。

©2022 TIFF

©2022 TIFF

©2022 TIFF

©2022 TIFF

©2022 TIFF

©2022 TIFF

©2022 TIFF

©2022 TIFF

©2022 TIFF

©2022 TIFF

翌日25日には審査委員記者会見が行われ、シム・ウンギョンは、「この場に居られることがとても光栄」と語り、初めて見た日本映画は中学生の時で、岩井俊二監督の『リリイ・シュシュのすべて』だったとことを明かした。

「私の人生の中でとても大切な作品で、私の感受性を豊かにしてくれた作品」と振り返り、「この場にいらっしゃる他の審査員の方に比べると、私はまだ審査員としての所要が足りないかもしれないのですが、この機会を逃したくないと思いました。映画が持っている力を大勢の皆様と一緒に感じたいという思いがありましたので、今回、国際映画祭の審査員を引き受けさせていただくことになりました。」と審査委員を引き受けた思いを語った。

©2022 TIFF

第35回東京国際映画祭は、2022年10月24日(月)から11月2日(水)の10日間に渡って開催される。




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA